傾聴1日講座®(東京・大阪・名古屋ほか)
聴く人が楽になる!初心者や入門者などはじめての人が安心して参加できる、楽な聴き方のコツがわかる傾聴スキルを講座でご紹介
ホーム > 受講者の声

受講者の声

お客様から感想をいただきました(最新)

最新の感想文は、下のFacebookページでご紹介しております。

過去の感想文はこちら(~2016年)

実際に受講した方からの感想文を紹介します。

※掲載の許可を得られた、すべての感想文を掲載していおります。
※講義内容に関する部分は一部修正して掲載させていただいております。

自分はプラス思考?
女性40代
自分はプラス思考?マイナス思考と考えたときに「うーん??」と思っていましたが、それは世間一般で言うところのプラス思考(アクマ訓をなくそう!という考え方)への違和感が原因だったのだなあ、と気がつきました。その上で、何でもそうかもですが学ぶという事にすぐに難しいからとか、できないからとか言い訳していたなぁと思いました。傾聴そのものについては、伝え返し(確認)についてもっと意識を向けていこうと思いました。変に先回りして考え込んで空回りするより、素直に確認していくこと。一致を感じて気付きながら生活していきたいな。明日から実行だ!! (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
時間をかけて傾聴を勉強したい
男性32歳
実習を兼ねることで傾聴を行う上で気をつけたいことや課題などがより明らかになりました。書籍等では流し読みしたり、深くり理解しようと努めないままに読むと、ごく簡単で今すぐにできてしまうような印象を受けてしまいますが、実際に人と面と向かって実習してみると、頭で分かっていたことは全く応用できていない、もしくは実際は理解はできていないのではと感じることが多かったように思います。また、傾聴という行為が、本質的には自分を見つめる行為なのだというのは目からウロコでした。相手の話に共感するというのは、自分の側に求められるこういだということがよく理解できました。明日から即役にたつという事ではないかもしれませんが、時間をかけて傾聴を勉強したいと思います。 (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
一般会話と傾聴の違いも具体的でよく理解することができました
女性40代
傾聴のことを周りから聞いていたので、ずっと関心を持っていたので、本日1日講座が受講できてよかったです。一般会話と傾聴の違いも具体的でよく理解することができました。プラス思考のことも、マイナスを減らしてプラスに転換するのだと思っていたのですが、そうではなくプラスの部分を増やしていくという事もわかりました。私はあまりフィルターをかけないで人の話を聴いていると思っていたのですが、ワークを通して、これから何に気をつければよいかもよくわかりました。カウンセリングに関心があるので、カウンセラーとしての聴き方を実例を挙げてお話して下さったので参考になりました。本日教えていただいたことをしっかり落としこんで、今後の生活に活かしていきたいと思います。本日は有意義な講座をありがとうございました。 (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
少人数でのワークは親密感があってよかった
女性54歳
何か他人のためになることをやるというイメージを持っていましたが、自分の見つめ直しを含む想像してたより深いことらしいということがわかりました。傾聴をきちんとできるようになったら、仕事の上でも、個人生活にも役に立つという予感があります。少人数でのワークは親密感があってよかったです。 (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
自分の主観で聴いていた
女性58歳
ありがとうございました。今で相手の話を聴いている時、自分の主観で聴いていた事に気付きました。もう一度今日の講習を復習して、ノート整理をして傾聴をしてみようと思いました。 (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
自分の目線でしか感じ取ろうとしていなかった
女性32歳
人の話をきちんと聞けているつもりでしたが、自分の目線でしか感じ取ろうとしていなかったんだなぁと耳が痛く感じたところもありました。今日教わったことを忘れないようにして、仕事に活かしたいと思います。今まで、傾聴の本を立ち読みしたことはありましたが、「くり返す」「要約する」など、ビジネススキルや対人関係の本で見たことのあるテクニックが書いてあるなと思っただけで、理解しようと思いませんでしたが、実際にやってみて思っていたより大変だと感じました。 (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
自分はOKという考えを持っていてもよいのだと安心しました
女性53歳
医院内において患者さん並びにスタッフとのコミュニケーション、また、家族何における夫婦間、親子間のコミュニケーションをとる上で、聴く姿勢がとても大切だという事は以前から聞いていましたが、ノウハウはわかりませんでした。本日、セミナーを受講して、聴くことは、自分と相手の双方を尊重しながら、相手の気持ちに寄りそっていくことだと感じました。それならば、自己肯定感が必要だと思います。自分はOKという考えを持っていてもよいのだと安心しました。技術面では少しずつトレーニングを積んでいきたいと思います。人間関係のストレスを減らし、できるだけ患者さんやスタッフが幸せを感じる医院を作りたいと思います。 (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
自分自身をまず知り、認めたうえで行うことが大切
女性41歳
相手の言葉に耳を傾けるということは、自分自身をまず知り、認めたうえで行うことが大切だと分かりました。そして、傾聴するためにはいろいろな技術があり、その技術を実際に実践したり、失敗しながらも取り入れていきたいと思いました。自分自身が相手に寄りそったり、心の中の楽しかったことや、本当に悲しいことを話してもらうことでその人が「あーすっきりした~。」「本当は私こんな思いだったんだ」と気付けてもらえたら、私も元気をもらえます。人生マイナスばかり数えるのではなく、プラスを数えられる世の中になるといいな。 (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
初めて傾聴という言葉を知りました
女性20代
私は今回初めて傾聴という言葉を知りました。漢字の通りにお話を聞く、耳を傾けることだろうと思っていましたが、相手に寄りそった話の聴き方をするという普段全くしていないことを行う内容で最初は傾聴って大変そうだなと感じました。しかし実際に人の話を聞いて、話を聞くのにもこういう聞き方があって、相手の言葉に少しくらいオーバーでもあいづちを打ったり、相手が何を言いたいんだろうと自分なりに考えることで真剣にこの人のことを考えられる自分(がいること)に気づけました。逆に自分が傾聴せることで、相手はちゃんと話を聞いてくれている、私のことを考えてくれていると感じられるだけで安心できたので、私もそんな印象を残せるようになりたいと思いました。 (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
まだまだ勉強しがいがありそう
女性30歳
まず自分自身をよく知り、認めてあげることから始めることが大切だという事がわかりました。傾聴という事に対してなんとなく自分自身で分かっていたつもりでしたが、技術があり、そのことが意外と大変なんだと感じました。技術のほうを意識すると内容が入ってこなかったりとありました。少しずつまずはやってみてふり返りながら上達していけたらと思いました。今度、同感と共感について、いパン会話と傾聴の違いをみんなで再度確認していきたいと思います。うなずき、あいづちはできそうですので、それをさらに2,3割強調していきたいと思います。まだまだ勉強しがいがありそうですので、今後ともよろしくお願いいたします。 (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25
傾聴1日講座に参加しませんか
初めての方へ 講座の日程講座の日程(東京、大阪、名古屋、福岡) 講師 岩松正史 受講者の声 講演・研修

著書


「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッ.../自由国民社
¥1,404 Amazon.co.jp


JKDA日本傾聴能力開発協会

その他


初心者のための記憶術 聴脳力