傾聴1日講座®(東京・大阪・名古屋ほか)
聴く人が楽になる!初心者や入門者などはじめての人が安心して参加できる、楽な聴き方のコツがわかる傾聴スキルを講座でご紹介
ホーム > 受講者の声

受講者の声

お客様から感想をいただきました(最新)

最新の感想文は、下のFacebookページでご紹介しております。

過去の感想文はこちら(~2016年)

実際に受講した方からの感想文を紹介します。

※掲載の許可を得られた、すべての感想文を掲載していおります。
※講義内容に関する部分は一部修正して掲載させていただいております。

驚き
女性30代
疲れないようきけるようになるためか、職場や生活て役立つかなと思ったため。傾聴は相手を理解すること、大切にすることだと考えていたが、それ以上に自分について知る必要があることは驚き、勉強になった。技術だけでなく感情を込めてくり返し、伝え返しができるようになりたい。 (2014年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
【実用講座】日常の中で実践していきたい
男性33歳
傾聴の実践をやってみたが、頭で理解するのと相手を感じることを同時にやっていくことには練習が必要だと感じた。まずは、事柄ではなく気持(あなた)を感じとって、あなたを中心に聴いていく、伝え返していくことに集中していきたい。また、自分のフィルターを通してしまうこともあるが、そこは自分の感想として横において、「あなた」がどう感じているかを質問して、違いを明確にしていくことをていねいにやっていきたい。とても勉強になったので日常の中で実践していきたい。(よい体感を得た)ゴルフ(の話のロールプレイ)の感じで。 (2014年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
共感するという本当の意味が理解できた
女性40代
本日は基礎講座の講習をありがとうございました。今まで感覚だけで人の話を聞いていましたが、今回講習を受けてみて傾聴という新しい聴き方を学べて大変プラスになりました。また、聴き手側の気持ちの持ち方や、考え方が大切なことや、講習を受けてみて共感するという本当の意味が理解でき、今後の生活や仕事の中で上手に活用していけたらと思います。 (2014年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
なぜ生活の中で困る場面が増えてきていたかが判明
女性38歳
正しく聞くという事が以下に自分の中ではおろそかにされていたかと思うとなぜ生活の中で困る場面が増えてきていたかが判明し、改善が少しずつできるのではないか、と考えています。テクニックとして知っておくこと、毎日少しずつ生活の中に取り入れることで、最悪の時代を避けられるように思っています。これは傾聴を理解することよりも、私にとっては大事なことだと考えています。 (2014年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
傾聴の本質が学べました
男性33歳
傾聴という言葉、考え方の本質が学べました。特に聴くときに何を考えながら聴いていくのが大事なのか?疑問でしたが人の気持ちを感じること、そして、傾聴の技術を使う事が大事だと分かりました。一番心に残っていることは、相手と自分を混同させないこと。実践してわかりましたが、相手の気持ちだけに集中できました。今後も実践していきたいです。 (2014年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
韓国の言葉で「一言で千両の借金を返す」
男性55歳
ご指導ありがとうございました。会社から受講の要請を受けて今日の研修を受けましたが、来てよかったと思います。人の心を理解しようという事は大事だと知りました。韓国の言葉で「一言で千両の借金を返す」というのがあります。相手の心を理解し、相手から信頼される人に変化したいです。今は傾聴の課題をうまく進めて、みんなに優しい人になります。また実用講座も受けられるようにします(会社と相談します)。今日は長い時間、誠にお疲れ様でした。もし質問がありましたらメールします。 ※ただしい日本語表現に一部修正させていただきました(岩松) (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
上司の立場で話を聞く場合・・・
男性56歳
講座を受けて改めて「傾聴」の意味を理解することができました。同時になかなか自然にd家いるものではなく、知識や訓練が必要であると分かりました。友人や後輩との会話もさることながら、ビジネスの場において「耳」と「口」で仕事をするポジションであることから、しっかりとこれを身につけて、話す人を理解し、安心させるために必要不可欠であると感じました。又、このことが仕事の中でも大変役立つものであるという事も感じました。テキストもしっかり読み返すことと(幸い「何でも話を聴いてくれる人」「傾聴に興味を持っている人」がいますので)その人に練習台をお願いし、訓練を重ねたいと思います。明日もしっかり学んで帰りたいと思いいます。 【↓翌日の実用講座の感想文】 2日間傾聴について勉強と通して ①相手の話を聞きながらすでに自分が次に話をしようと準備をしている(つまり相手の話を聞いていない)という事を感じた。傾聴の技術を実践するにはまずは相手の話を聞くことをしないいけないものであるという事を体感した。 ②自分のフィルターをかけないでフラットに聴くという事の大切さを体感した。特に上司の立場で話を聞く場合、かかるフィルターが強いと話す立場の人は話しにくい、伝わらないという事、問題が起きてしまうという事を感じた。 ③技術の中の「質問」を行うには、その前段階の「伝え返し」をセットにすること。「伝え返し」を適切に行うには、その前段階の「くり返し」を適切にセットで行う事が有効な方法ではないかと感じた。努力を重ねないとなかなか自分のものにならないという感はあるが、日常の会話にも意識をして導入、活用し、話す人にとって良い聞き役になれることを目指します。 (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
相手は自分と考えが違うという事を認識する必要 (運送業)
男性50代
傾聴という言葉の意味、傾聴とはどういう事かとうい事を全く知らずに本日受講しました。テクニック的な指導がメインになるのかと思っていましたが、最初のところで自分に○印を付けられること、相手は自分と考えが違うという事を認識する必要があり、これらができない限りは人の傾聴はできないのだという事を教わってよかったと思っています。又、対話での学習もある程度予想はしていましたが、予想以上に時間が割かれ、訓練になりました。但し、今の自分にできていないことは先生のように相手と自分の考えが違うという事を理解しながら相手の言葉に共感することです(移入できないというか...)。 【↓翌日の実用講座の感想文】 基礎、実用と2日間にわたり傾聴を学ばせていただきましたが、傾聴とは問題解決技法ではなく、相手の気持ちに寄りそい、共感できるようになるための方法だったと知りました。学び終えた後でも上手く出来なかったことは、自分自身の心のフィルターをコントロールしたうえで相手の話を聴くことと、相手がどういう気持なのかを明確にする質問の仕方でした。但し、傾聴する上での基本的な心構えを学ぶことができたので、後は職場や家庭の中で実践を積み、相手を理解し、よりよい人間関係がつくれるように励んでいきたいと考えています。 (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
不動産関連の営業系の仕事を続けています
女性40代
何故か中学生のころに心理学に興味を持ち各種本を読みあさり自分探しを始めたことがこの講座を受けるいきさつです。何かの巡り合わせで不動産関連の営業系の仕事を続けていますが、不動産そのものに興味あるわけでも、売上を上げる事が楽しいわけでもなく、ただただお客様に寄りそいパートナーになりたいという営業には似つかわしくない姿勢でおります。しかし、それを良しとしてくれる会社とともに現在お客様との出会いを楽しんでいるところです。不動産は高い買い物です。高い手数料も払います。そしてお客様は不安です。無知です。プライドもあります。そのお客様の心の壁が低くなれば、高い買い物は高くなくなり、良い買い物になります。そうなるためには、と考えたときに必要なスキルが傾聴でした。少しでも、心の叫び声に耳を傾けられるよう今日のセミナーをきっかけに日々精進したいと思います。 【↓翌日の実用講座の感想文】 みっちり受講できました。実践の入り口も体験でき、忘れずに身につけていけるようにしたいです。ただ思考回路の癖や性格などのフィルターが邪魔しそうですが、ときにはそれも良しとしながらおおらかな気持ちで実践し身につけていければと思います。仕事でお客様に信用していただくために思いをうまく受け止めるためにとの思いから受講しました。あなたでよかった。安心した。と言ってもらえるようになりたいです。お正月休みにこの2日間の内容を思い出しながら復習し、ノートにまとめたいと思います。気持ちがどこかに相手に勝つという意識が強く働いていることが、何もかものを邪魔していることがわかりました。自分自身のえらそうな思考回路についてまずは見直します。 (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
中高一貫校の教員をしています
男性34歳
最近よく"傾聴法"ちおう言葉が学校の中でも飛び交っていますが、どんなものなのかこのセミナーを受ける前まではあまり分かっていませんでした。今回のセミナーを受けて傾聴=自分のフィルターを横において相手の感情をそのまま受け止める事であることがわかりました。現在、中高一貫校の教員をしていますが、生徒や同僚教員の話が耳に入らず(あるいは解釈できず)対応に苦慮することがしばしばあります。また、授業や生活指導においても生徒がこちらの思うように反応してくれずいつもイライラしていました。でも、今回のセミナーで説明されたことをこれからの教員生活に活用していこうと思います。本日はありがとうございました。27日(実用講座)もお願いします。 【↓翌日の実用講座の感想文】 2日間にわたり、本当にありがとうございました。傾聴においては相手の現在の感情に寄り添って、今、相手がどう感じているかを聴き手である自分も感じる事が大切だなという事がわかりました。ただ本日先生がおっしゃったように、私の場合、頭から情報や感情をくみとって考えるというようなので(初めて気付きましたが)時間がかかっても心で感じられるように徐々になっていきたいと思いいます。特に問題を抱えている生徒の内面を探る上で役立てていきたいです。人の話を傾聴しようとしても、どうしても事実に心がとらわれて、変なところでくり返しを行い、話し手の感情や思いがくみ取れないなあと今日も思いました。どうしても思考や感覚の面ではフィルターがかかってしまいますが、いかにこれをコントロールするかも傾聴では大切だと思いました。 (2013年)
※個人の感想であり感じられる効果には個人差があります。
14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24
傾聴1日講座に参加しませんか
初めての方へ 講座の日程講座の日程(東京、大阪、名古屋、福岡) 講師 岩松正史 受講者の声 講演・研修

著書


「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッ.../自由国民社
¥1,404 Amazon.co.jp


JKDA日本傾聴能力開発協会

その他


初心者のための記憶術 聴脳力