「~しよう」とするはプラス思考

あるカウンセリングのテキストに

“傾聴の定義”

についてこう書いてあります。

「(傾聴とは)自分の準拠枠をはずし、
 相手に寄りそい、相手の感情、欲求、葛藤など
 内面の世界観を理解しようとすること。」

私はこの表現がとても気に入っています。

どこがかというと、最後の、

「理解しようとすること」

という部分です。

「理解すること」

ではないんですね。

「理解すること」だとすると、

それがもし上手に出来なければ

「理解できていない」自分が

とり残されることになりますが、

「理解しようする」でよければ、

完璧に理解できていなくても、

その姿勢を失わずにいれば

それでOKということになります。

結果が完璧でないのに、

姿勢だけとっていればいいなんて

甘やかしのように感じるでしょうか?

でもそれは違います。

そもそも完璧に相手を理解するなんて

できないことなのです。

理解できたか?

出来なかったか?

そういう自分では決められない

「結果」に意識をとらわれてはいけません。

そんなことよりももっと大切なのは、

相手をわかろうとする姿勢を

「もちつづける」

ことですよね。

相手のことを完璧にわかるなんて

はじめからできないことだと認めたうえで、

でもわかろうとし続けられるからこそ、

お互いの関係がより

深まっていくのではないでしょうか。

結果ではなく、

「~しよう」とし続けている

自分に丸をつけましょう。

不完全な自分を認め

願う姿に向かい行動し続けるための最高の考え方です。

<お知らせ>
よい結果が出ず悲しんでいる人に寄りそえる
聴き方に興味がある方はこちらをご覧ください。

http://goo.gl/Igztg1

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /自由国民社
聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」