なぜいま傾聴ボランティアなのか?

自宅/職場で受けられる!オンライン講演会&研修
http://bit.ly/39lotIt

いつもありがとうございます。

利き顎(あご)は右顎の、岩松正史です。

傾聴ボランティアに
人気が集まる
理由があります。

それは

「手軽にはじめられる」

ことです。

年を重ねてくると
体を激しく動かすような
ボランティアは難しいでしょう。

かといって

人の役すぐ役立つような
専門的な知識やスキルはない。

でも

ボランティアには興味がある。

そんな人には傾聴ボランティアは
最適なボランティアといえます。

手軽であるがゆえ
気をつけなければ
いけないこともあります。

たしかに

傾聴ボランティアは
他のボランティアとくらべて

専門性や特殊能力が
あまり必要ありません。

でも

逆にいうと専門性が必要ない分、
聴くと行為だけをとおして
お役に立たなければいけないのです。

「聴く力が試させるボランティア」

なのです。

傾聴を始めて15年になる私も、
いまでも傾聴ボランティアに行くたびに
自分を試されていると
感じることが多々あります。

上手く聴けない自分に
ガッカリすることもあります。

なんとなく

自由に聴いていればいい
というだけではなく、

傾聴の聴き方がある程度
身についていないと、

お役に立てないばかりか
自分がストレスを
感じるようになるのです。

手軽に始められる部分と、
簡単ではない部分

両方を理解したうえで
積極的に傾聴ボランティアに
参加していきたいものです。

<お知らせ>

楽に聴ける話の聴き方をしっかり学ぶ
認定傾聴サポーター養成講座
 ↓
http://bit.ly/2qJDa6f

<<編集後記>>

小学校が休校になって以来
毎朝息子と10分離れたコンビニまで
散歩するのが日課です。

きっとコンビニの店員さんにも
毎朝来る親子として顔を
覚えられたことでしょう。

ところが今朝は朝から雨。

正直、ちょっとめんどくさいなと
思っていました。

そのときちょうど出かける直前の
息子が話しかけてきました。

息子「コンビニに車で行きたい!」。

思わず「うん」と
いいそうになったのですが

「ちょっと待て、目的は何だったっけ?」

と本来の目的の散歩を思い出して

「散歩が目的なの!」

と説得して雨の中で描けたのでした。

でも、毎日息子は家を出る前は
面倒くさい年ぶりますが、
2分も歩けばもう外を楽しみ始めるので、

習慣化するために
毎日つづ用と思います。

楽だからといって
目的を見失ってはいけませんね。

今日もいい一日をお過ごしください!




logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)

Twitter

傾聴のねっこ
PAGE TOP