【キャリコン試験】仲間内の練習会はやめましょう(1)

いつもありがとうございます。

今日はマクドナルドしか食べていない、岩松正史です。

またこの季節がやってきました。

そろそろ3月のアイコン試験の準備を
始めている方が多いようです。

筆記も心配ですが特に面接が心配という方も多いでしょう。

そこでよくあるのが
「仲間内での練習会」
を始めてしまうことです。

YouTubeのビデオなどでもお伝えしていますが、
仲間内での練習は全くお勧めできません。

▼2019年 直前1週間!キャリコン面接対策(実技、口頭試問)
Youtube
https://youtu.be/ABkiARW04U4

おすすめしない理由を一言でいうと
仲間は感想しかいえず合格に必要な指導力はないからです。

それで得るものがないだけならよいのですが、
素人同士で練習してしまったがために
余計に混乱してしまう人が出てきます。

だから仲間内の練習会には
参加しないことをお勧めします。

素人同士の集まりの何がマズいかといいますと、、

・指摘が的を射ていない
・指摘が厳しくなりすぎる
・相手が受け取れないほどたくさんの指摘をして傷つける
・たくさんの意見を聞いても改善しようがない
・パンクしてしまっている人や傷ついている人のフォローがちゃんとできない

この様に見るだけでとても危険だと
いうことがお分かりいただけるでしょう。

仲間内の練習会をしても合格する人も当然います。

でも仲間内の練習会によって混乱し
自信を無くした状態で面接当日を迎え、
当日頭の中が真っ白になってしまった
・・・という人がよく来ます。

「仲間内で合格したから、合格したのか」、
「仲間内で合格しても、合格したのか」
何とも判断が出来ません。

であるならば少なくとも
筆記試験が終って面接試験までの1~2週間に
大切なことはいまさら上手にロールプレイが出来るよう
技術的な改善を目指しても意味がありません。

試験対策にならないことをして
自信なくした状態で当日を迎えるのではなく、

「合格のため」という明確な目標のために、
やるべきこと(そして出来ること)があるはずです。

ロールプレイに自信がない人ほど
「ロールプレイを上手にすることが大事だ」
と勝手に思い込んでいます。

でも本当にそうでしょうか?

試験官はあなたが気にしているところを
同じように気にしながら合否判定しているのでしょうか?

おそらく違うポイントを重視しています。

1.仲間内の練習は初めから役に立たない
2.試験官はおそらくあなたが気にしている以外のところを見て採点している

もし3月にキャリコンの試験を受ける方は、
筆記に余裕な人以外は筆記に集中しましょう。

次回はもう少し詳しく何をするかをお話しします。

<お知らせ>

「その聴き方では、部下は動きません」朝日新聞出版
の出版記念講演会を開催します。
2/1東京(丸の内)
2/29大阪(梅田)
 ↓
http://bit.ly/2PtCsEB

<<編集後記>>

今日は久しぶりにマクドナルドに缶詰めでした。

これはとてもいいことでして。

マクドナルドに缶詰めになれるくらい
集中し続けて仕事が出来た
という意味だからであります。

以前はよく4食、5食とマックで食べたものですが、
今日は2食+コーヒー1杯でありました。

マックにいる時間と仕事の進捗が
正比例するのであります(笑)

明日もやることてんこ盛り。

来月頭までせわしく頑張ります!

今日もいい一日をお過ごしください!




logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)