傾聴できると自由になる

いつもありがとうございます。

11月4日から風邪をひきっぱなしの岩松正史です。

傾聴を本格的にはじめたのが2014年の5月です。

今年は16年目に入ります。

傾聴を学んで1番変わったことは
「自由になった」ことです。

もちろんこの場合の自由とは
「精神的な自由」のことです。

傾聴に出会うまでまったく
自由ではありませんでした。

まず、

話を聴こうとしても聴けないし、
聴くには本心をいかに押さえ込むかに
全神経を集中していました。

でも傾聴が身につき始めてからは
その苦しさがとれました。

聴けてない自分を感じても苦しくならず、
また傾聴のマインドをもって
人に積極的に関わることもできるようになりました。

価値観が違う人や意見が合わない人の話も
前より断然聴きやすくなりました。

聴くことへの力みがとれると同時に、
聴かないという選択も自由に
選べるようになりました。

傾聴がわかってきたらストレスが減り
人間関係の自由になってきただけでなく、
生き方自体が自由になりました。

傾聴の練習自体は大変な時もあります。

でも精神的な自由を手に入れたい人には、
傾聴を学ぶことをオススメできます。

「傾聴できると自由になる」

これが傾聴をお勧めできる
最大の理由です。

<お知らせ>

傾聴できると自由になる。

その意味を知りたい方は
2月1日と29日の出版記念講演会にお越し下さい。
 ↓
http://bit.ly/2PtCsEB

<お知らせ2>
岩松正史の新刊本は
Amazonで買うことができます。
新刊本「その聴き方では、部下は動きません」朝日新聞出版
 ↓
https://amzn.to/39E8uG7

<<編集後記>>

風邪を引いても病院にはいかない私が
仕方なく15年ぶりくらいで内科に行ったのが
11月8日でした(薬の袋によると)。

講座が続く繁忙期に
咳や鼻水が出てできないので
対処療法と承知の上でいきまして。

またそうしなければいけないと思うくらい
症状がいつもよりひどかったのです。

普段なら数日もすれば治るところが、
なぜか治りかけるとまたぶり返すのを
何度も繰り返すことになりまして。

12月25日の2019年最後の講座が
終わるまでに4回も(おそらく)別の
体調不良に見舞われました。

どれも寝込むほどの体調不良でもないのですが、
いつでも喉、鼻、胃腸、頭のどこかまたは
いくつかが重なっていつでも体調不良なのです。

年末年始の休みはだいぶ睡眠時間を増やして
いるのですが、結局正月からまた
咳が止まらなくなりまして(汗)。

仕事も始まりますし、
前にもらった薬も尽きたので、
あすはあきらめてもう一度
別の病院に行ってみようと思います。

人前で話すのが仕事なので
喉がやられるのが一番困ります。

毎日マスクをしていたわっているつもりではありますが、
ダメな時はダメですね。

どうぞみなさんも体調に気を付けて、
今日もいい一日をお過ごしください!




logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)