アウトプットし続けるために大切なこと

いつもありがとうございます。

人生初、2日間にカレーライスを4食たべた岩松正史です。

土日と2日間久しぶりに
セミナーを受けに行ってきました。

カウンセラーの資格更新以外の目的で
本当に行きたい講座に行くのは
何年ぶりでしょうか???

という感じです。

6、7年ほど前までは傾聴や記憶法などの
講座に行きまくっていました。

でもここ5年くらいは講座といえば
「伝えるもの」で、
受けるものではありませんでした。

昨年まで朝から晩までかかる
7時間以上の自主募集の講座だけで
年間160日開催していました。

(そこに2、3時間の外部から依頼された
講演や研修がプラスになります)

傾聴がまったく注目されなかった
時代をよく知っているものとしては、

やればやるほど人が集まってくれる状態が
嬉しくてたまらないという感じで
突っ走ってきました。

おかげさまで今年も昨年より
かなり多くの方にお越しいただいています。

それはそれで頑張った
成果なのでいいのです。

でも、去年くらいから妙に
物足りなさを感じていまして。

講座はやれば楽しいです。

でも、もっと根本的な「何か」が
足りない気がしていました。

・・・

ひごろから私はアウトプットすることが大事
と伝えています。

自分も実践していているつもりです。

多くの人の悩みは
インプットしてたくさん知っていても、
行動のアウトプットできないとこにあるからです。

知っただけ満足、セミナーショッピングをしている人は、
アウトプットを増やした方がいいと思います。

でも、

今回久しぶりに外のセミナーに参加してみて
私が感じている物足りなさの正体がわかりました。

「アウトプットばかりしすぎて弾切れ」
だったのです。

「インプット不足」です。

弾切れしたのは講座で使うネタではなくて、

「楽しみながら生きる」
弾が切れたのでした。

いま知っていることを
伝えるだけでも商売にはなりますし
それはそれで楽しいです。

でも、

やっぱり人を育てていく仕事ですから
日々自分が育っていく喜びがあってこそ、
もっと大きな喜びを人に与えることが出来るはずです。

ところがここ数年、時間があれば
すべてアウトプットにばかり費やしてきました。

そしていつの日かアウトプット以外のことに
時間を使うことに罪悪感を
覚えるようになっていたのです。

「伝えなきゃ」
「稼がなきゃ」に。

でも、今回行きたかったセミナーに
参加して楽しかったので決めました。

来年は出来るだけ毎月
喜んでインプットする時間を増すことにしました。
(すでに一年分申し込みをしました)

外の世界に行って知識と体験を
インプットすることは、
私にとっては大いなる喜びです。

経験したことは伝えずには
いられない性分です。

きっとお客さんのお役にも立つでしょう。

これからももっと喜びながら
伝えていけるようになるために
アウトプットしすぎて枯渇した心と知識の空白に、
エネルギーチャージしていくことを
来年の目標として自分に誓いました。

いかがでしょうか?

これをお読みいただいているあなたは、
出しすぎて枯渇してしまった経験はありますか?
(お金とか!(笑))

インプットは足りていますか?

足しながら出しましょう。

<お知らせ>

いい距離感で安心して
人の話を聴く方法は、
傾聴1日講座でお伝えしています。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo

<<編集後記>>

東洋の神田(小川町、お茶の水)周辺は
カレーグランプリが開催される
カレーの聖地であります。

ちょうど土日にセミナーを受けに出かけた先は、
カレーの聖地のど真ん中!

・・・ということで、
普段あまりカレー来を食べない私も
2日間で有名店を制覇してやろうと
目標を立ててセミナーの昼食時間と
帰りに合計4回カレーライスのみ食べてきました。

エチオピア、ボンディ、オードリー2回
3店舗で4食いただき完全制覇です!

どのお店も個性的な純和式の
カレーライスを堪能させていただきました。

セミナーの感想より
カレーの感想ばかりですが(笑)

セミナーもとても楽しく
いい気分転換になりました。

今日もいい一日をお過ごしください!




logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)