「自分を信じる」の本当の意味

いつもありがとうございます。

足の裏を床についたままだとしゃがめない、岩松正史です。

最近コンビニ関係の記事が
たくさんニュースに流れています。

元コンビニ本部社員としては気になりますね。

つい先日も私がいた
ファミリーマートの記事が2つありました。

1つは、来春から24時間営業を
オーナーの希望制にするという記事。

営業時間の長さはコンビニの生命線でしたので、
時代は変わったなと思います。

もう1つの記事は、社員の10%から
希望退職を募るという記事。

これは衝撃的でした。

恐らくこれだけ大規模のリストラは
ファミマ始まって以来初めてではないでしょうか。

その記事を見てゾッとしました。

「もし自分がまだ会社にいたらどうなっていたんだろう???」
と。

46歳で中学生と小学生の子どもが2人。

このタイミングで会社を辞めなければ
いけなくなったらどうしたらいいのでしょう。

今回は希望退職とのことですが
きっと内実としては私が恐れているような立場に
実際に追い込まれている昔の同僚や先輩たちが
いるに違いありません。

サラリーマンしか知らない人が
50歳を前にして職を失ったら、
それこそできるのはコンビニくらいしかありません。

その記事を見たときこう思いました。

「人生は最後までわからない」。

・・・

ファミマは一部上場の会社ですから
それなりに給料も待遇もよかったです。

やめたつぎの仕事(プログラマ)で
転職に失敗し失業したものですから、

なおさらファミマをやめたことを
後悔していた時期もありました。

でも人生は何が正解で何が失敗か?

命が終わるその瞬間までわかりませんね。

嬉しいときもあれば、後悔するときもある。

わからない未来について
悩んで決めていくわけであります。

でも、結局自分がした選択はすべて、
自分をよりよく生かそうとしているだけなんですよね。

「自分の未来を信じる」とか
「結果を出せると信じる」
とかいうことはムズカシくても、

「どんな選択も行動も、いまの自分を活かそうとしているに違いない!」

と「自分をよりよく生かそうとしている自分」
であることを信じて生きていくことだけは
出来る気がします。

いかがでしょうか?

これをお読みいただいているあなたは、
自分をころそうと思って
今の生活を選んでいますか?

それとも自分を生かそうと思って
今の生活を選んでいますか?

どんな人生を送っている人でも
きっと後者ではないでしょうか。

「自分を生かそうとしている自分」

を信じましょう。

<お知らせ>

いい距離感で安心して
人の話を聴く方法は、
傾聴1日講座でお伝えしています。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo

<<編集後記>>

きのうは2回目の
「病院ボランティア研究」
の参加日でした。

看護師で東京純心大学の山本教授の
お話し相手ボランティアの
効果の研究をお手伝いしてます。

私以外にもう傾聴サポーターが
10名ほど参加していて、
12月末までに50回程病院を訪問して
入院中の方のお話し相手をさせていただきます。

傾聴が医療現場に現実に入っていくなんて
15年前には考えられなかったことです。

傾聴を普及してきた者として
本当にいい時代になったと思います。

今日は午前中から外出します。

今日もいい一日をお過ごしください!




logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)

Twitter

傾聴のねっこ
PAGE TOP