「言葉に出来ない」という気持ちを聴く

いつもありがとうございます。

一週間で二度お腹を壊している、岩松正史です(汗)。

7年ほど引きこもり支援NPOの
相談員をしていたことがあります。

そこに来るお母さん方には
似た悩みを持っている方が結構いました。

たとえばこんな悩みです。

「息子が何も話してくれないので気持ちがわからない」。

確かに。

「●●に困っている・・・」
「●●したいので助けて欲しい・・・」
「こんなこといま考えている・・・」

そうハッキリ言ってもらえると
手助けしやすいですね。

一方で、話してくれなければ
気持ちわからないのかというと
そうではありません。

人には

「話したくない気持ち」

「いまは話せないという気持ち」

があるからです。

話してくれ「ない」ことで、
話したくないという気持ちが
ハッキリとわかります。

話せない気持ちを
一生懸命発信しているのに、
それは受け取ってもらえず

話してほしいお母さんの
期待に応えないといけないとなると
子どもはつらくなるのではないでしょうか。

気持ちを聴くということは、
話してくれた気持ちを聴くことはもちろんのこと、
話せない気持ちも否定せず
そのまま受け止めることです。

・・・

話は変わりますが、
きのう埼玉県の参院補欠選挙が
はじまりました。

前県知事の上田氏と
既得権益をぶっ壊すと悪名高い
N国の立花氏の一騎打ちです。

私は神奈川県民なので
どちらが当選しても
何の関係もありませんが(笑)

きのうN国の立花党首が浦和駅前で行った
街頭演説には500人もの人が来たと聞いたので
どんな様子だったのか知りたいと思い
今朝ニュースサイトを見てみました。

そうしたら報道各社のHPでは
埼玉補欠選挙のことについての記事が
どこにも見当たりません。

「あれ?聴き間違いだったかな?」

と自分を疑ってしまいました。

でも調べたらやっぱり
選挙は始まっていました。

立花氏は悪名高いですから、
個人的にはネタにしたら
面白いと思うのですが・・・。

なんで記事がどこにもないのか?
不思議に思った次第です。

何か伝えたくない気持ちが
あるのかもしれません。

「言う/言わないにはワケがある」

傾聴の師匠から言われ続けた言葉です。

言葉にならない言葉というのは
聴いてみる価値があります。

<お知らせ>

「傾聴すると聴く人が楽になる!」
その実体験をお伝えしたくて
15年間、傾聴一筋にお伝えしています。

傾聴サポーター養成講座
11月2~4日東京開催
 ↓
http://bit.ly/2qJDa6f

<<編集後記>>

今日は台風の対応で忙しくなりそうです。

午前中に発表される(はず)の
交通各社の計画運休と天気の様子を見て
講座の開催の有無を決めなければなりません。

場合によっては、
今日中に飯田橋に移動になるかもしれません。

台風の心配もありますが、
今日もいい一日をお過ごしください!




logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)