やり残しをモチベーションに変える


いつもありがとうございます。

広島名物ウニホーレンは少々残念な気がした、生ウニ好きの岩松正史です。

出張の楽しみの1つは食べ物。

中でもラーメン好きの私は、
初めて行く土地のラーメン屋にいくのが楽しみ。

行きの新幹線の中でよく
ラーメン屋を探している。

先日、出張先で広島県の福山市に
はじめて行ったときのこと。

昼過ぎだったので駅に着いたらすぐその足で
徒歩5分ほどにある目星をつけていた
ラーメン屋に向かった。

店はかなり混んでいた。

ネットで評判のよかった
オーソドックスなラーメンの
食券を買って席についた。

出来上がるのを待っている最中
ふと横の席に目をやると、
なんともおいしそうな唐揚げを食べている人を発見。

それを見た瞬間、
「しまった!」と思った。

ラーメンも好きだけれど
唐揚げも大好き。

ラーメンを食べることばかり考えていて
サイドメニューまで確認しなかった
自分を恨んだ。

追加で唐揚げも食べようか、一瞬迷う。

でも店内に貼り出されているメニューを見ると
ラーメンと唐揚げセットっていうのがあるらしく、
横の人はそれを食べているようだ。

唐揚げだけ単品で注文すると
かなり高く量も多くなる。

そんなに食べられる気もしなかった。

一瞬、いまからでもラーメン唐揚げセットに
変更できるかお願いしようかと思った。

でも、混んでいる店内でそれをいうには
なかなか勇気が必要だった。

結局、追加も変更もしないまま
私はラーメンだけを食べることにした。

こんなふうに後になってから
「もっとよい選択があった」
と後悔することが日常的によくある。

そんな時、最近私はこう考えるようになった。

「よし、これで次またこの店にリベンジしに来る理由ができたゾ!」

・・・

旅先ですべて100%満喫し切ってしまったら
もうつぎまたそこに行く意欲がなくなってしまった。

そんな経験はないでしょうか???

私は結構あります。

また、やり残しをしたときは、
損したと思い後悔ばかりしていました。

でもある時、やり残したことについて
リベンジできる機会を得た時に
自分がワクワクしていることに気づきました。

以来、やり残したことは

「次またそれをやる楽しみが増えたんだ!」

と気づきました。

・・・

人間の脳には欠けているところがあると
気になるという特徴があります(ゲシュタルト)。

だからモチベーションを維持したい人は、
全部を完璧に終わらせてしまうより

やり残しがあるほうが未来に希望を持ち
モチベーションの維持がしやすくなります。

楽しみを先に取っておくというのは
まさに欠けた部分を残しておくということです。

全部やりきってしまうと
燃え尽きてしまうこともあります(バーンアウト)。

腹八分目といいますけど
目標の達成も100%を手に入れてしまうよりは
いくらか欠けているくらい方が
継続して高い成果を上げ続けることができるでしょう。

やり残したことを失敗ではなく、
先の楽しみが増えたと思えば、
自分を責めることもなくなります。

いかがでしょうか?

これをお読みいただいているあなたは、
以前やり残したことでリベンジするのが
楽しみなことがありますか?

<お知らせ>

「傾聴すると聴く人が楽になる!」
その実体験をお伝えしたくて
15年間、傾聴一筋にお伝えしています。

傾聴サポーター養成講座
10月12~14日東京開催
 ↓
http://bit.ly/2qJDa6f

<<編集後記>>

きのうは講演会終了後、
広島在住の記憶術講師仲間をお誘いして
懇親を深めました。

ふだん記憶術の集まりでみんな会う時と違い、
一対一だからこそ話せることや
新しい分かることがたくさんあり楽しかったです。

先月と今月で計4回にわたる
広島県内でのミッションは完了。

次回いつ来られるか分かりませんが、
広島を満喫させていただきました。

今日は明後日の講演に向けて
高松に移動します。

その前に岡山で途中下車して
知人に会う予定です。

楽しい一日になりそうです。

今日もいい一日をお過ごしください!



logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)