傾聴ロールプレイ練習進め方(2)

いつもありがとうございます。

今日は空を飛びたい気分の、岩松正史です。

今回は、前回に引き続き私が講座内で実際に使っている
傾聴のロールプレイの進め方について
数回に分けてご紹介します。

1.はじめるまえに
2.聴き手の課題を決める
3.話すテーマを決める
4.オブザーバーの役割を明確に伝える
5.時間を決める
6.開始
7.終了
8.交代

今日は4~8です。

4.オブザーバーの役割を明確に伝える

オブザーブの時間は休憩時間ではありません。

聴き手をサポートする、
ミニカウンセラーとして
重要な役割がオブザーバーです。

オブザーバーもコメントの仕方も、
カウンセリングを進める練習になります。

感想を言いっぱなし、
指摘しっぱなしにすることなく、

聴き手が受け取りやすいように
傾聴マインドを持って伝えること心がけましょう。

★オブザーバーは聴き手を支えるカウンセラー役

5.時間を決める

時間は長ければいい
というものではありません。

初めてあいづちの練習をする人に
10分もロールプレイをすれば長すぎです

基本スキルをはじめてやる際に
必要な時間は2~5分程度です。

主訴を理解する、問題解決まで展開させるなど
より実践に近い練習なら、
グループワークなら最低15分~
60分程度必要となります。

課題の振り返りがちゃんと出来る
最低限の短い時間から始めましょう

★時間設定に意味を持たせる

6.開始

ときどきロールプレイが進んでいる最中に
「あと5分です」「あと2分です」と
号令をかけるファシリテーターがいますが、

真剣に向き合う2人の世界を
壊してしまうのでしてはいけません。

また実践に近い長めのロールプレイの場合、
カウンセラー自身による時間の
コントロール自体が練習すべき項目となります。

★経過時間の告知はしてはいけない

7.終了

終了したら速やかに振り返りに移ります。

雑談が始まらないよう注意しましょう。

発表する順番は、
聴き手→オブザーバー(→話し手)です。

話し手の感想は以前のBLOGで書いたように


安全な環境がないならやらないほうがマシです。

振り返りは、話し手が気持ちよく
話せたかどうかを議論する場ではありません。

(気持ちいいカウンセリングがいいカウンセリングとは限らない)

聴き手が課題に対して
どのように取り組めたか、
聴き手の成長のための時間です。

聴き手が課題としていない話は
最小限にとどめないと、
聴き手が混乱するだけです。

★「何のためのロールプレイだったのか」目的を見失わない

8.交代

交代の順番は

話し手→聴き手→オブザーバー(→話し手)

がおススメです。

いま聴いてもらった(もらえなかった)
ばかりの人が、ホットな体験を
すぐに生かして練習できるからです。

前のロールプレイで自分が話し手のとき、
ちゃんと聴いてもらえた印象が強ければ、
聴き手だった人の良い部分を
真似しようとするでしょう
(モデリング)。

逆に、自分がされて嫌だったことは、
自分が聴き手の時は気を付けようとするはずです。

★体験をすぐ活かす

まとめ

ロールプレイの進め方は
これがすべてではありません。

ここに書いたのはあくまで
私自身がやるものの中の一例です。

でも、

・ロールプレイの目的を明確にすること。
・1つの課題を明確にする
・聴き手を支える場とする

この3点を守ることは共通しています。

これをすることで安全で
中身の濃い練習が出来るようになります。

役割が違う人たちが
自分の役割をちゃんと認識し、

その場の目的を理解して、
聴き手にとって最高の学びの時間にするためには、
ファシリテーター自身の高い
傾聴マインドを持った関り力が求められます。

誰も傷つかない安全で
安心な学びの深い場を作りましょう。

<お知らせ>

9月の大阪傾聴サポーター養成講座は
残り2席です。
 ↓
http://bit.ly/2qJDa6f

<<編集後記>>

きょうはいまからスカイダイビングに行ってきます!

昨年も行きまして。

急きょ決まったので今年はじっくり
参加希望者を集めて行こうと思ったら・・・。

結局、去年とほぼ同じ人、
同じ人数しか集まりませんでした。

みなさん空を飛びたくないんですかね!?(笑)

今日はあたたかくていい天気になりまそうです。

無事に着地したら明日のBLOGで
お目にかかりましょう!

今日もいい一日をお過ごしください!




logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)