おかしな人間

いつもありがとうございます。

飼いウサギの餌をくれアピールをけっこう無視してスルーする冷徹なところがある、岩松正史です。

不穏なタイトルがついておりますが、
「おかしな人間」とは誰か?

結論をいうと「私」であります(笑)

・・・

いま欲しいものが二つありまして。

一つは5万円のスマホ、
もう一つは25万円のパソコン。

たまにほしい商品の
価格チェックを販売サイトで
しているのですが、

先日見たらなんと25万円するパソコンが
会員割引、サマーキャンペーン
夜限定キャンペーンの合わせで
その日は5万円安く買えることが
わかったのです。

 ・
 ・
 ・

5万円割引!

一気にテンションが上がりまして。

衝動的にいま買ってしまおうかと。

そして同時に思いました。

もう一つの欲しい物、
スマホとほぼ同価格が
パソコン代から割引になるということで

「これでスマホもパソコンも両方買える!得だ!」

と思ったのでした。

高揚感を持ったまた、
申込画面でクレジットカードの入力もして
あとワンクリックまでたどり着きました。

オーダーメイドの
パソコンなので
もう一回スペックの選択に
間違いがないか見る。

もう一回価格も
間違いないか見る。

そこまで確認をしたのですが、
なぜか最後の申し込みの
ワンクリックができません。

そしてまた
なんども見直す。

そんなことを数回
くり返しているうちに
あることに気がつきました。

冷静に考えてみると、
25万円出費が増える
だけじゃないだろうかと。

どうしても必要なら買います。

・・・というか、
すでにかい終わっているでしょう。

今使っているパソコンや
スマホが壊れそうだとか。

でも半年くらいずっと
価格をチェックしていられるということは、
欲しいけれど必要ではないものです。

しばらく
「本当に必要だろうか?」
と自問したのですが
よくわからなくなってしまいました。

そこで、

別の切り口から
考えてみることにしました。

私がいまから使おうとしている
25万円を自分の子供用に作ってある
教育費用の銀行口座に移し、

子どもの銀行口座の残高が
増えているイメージをしてみました。

そうしたら

いまこの瞬間に新しい
パソコンとスマホが増えるよりも、
子ども用の貯金残高が増える方が
よっぽどうれしいことに気がつきました。

私のパソコンを買うのをやめて
そのまま25万円を自分の口座から
子どもの口座に振り替えしました。

・・・

人間はおかしなものです。

例えば、

原価が50円もしないだろう
景品のお皿をもらうために
何百円もするパンをたくさん買ったりします。

本当にお皿が欲しいなら
パンを何個も買うよりも、
お皿を直接買えばいいのに・・・。

パソコンが5万円安く買えるからと言って、
本当に必要かどうかわからない
パソコンとスマホの両方を買うことは
出費額は25万円で同じなのに、

なぜが得したような気がして
気持が大きくなってしまいます。

外食をするのに使う1万円は高く感じても、
パチンコンに使う1万円は少なく感じたり(笑)。

人間はどこかおかしいです。

おかしな人間であります。

いかがでしょうか?

これをお読みいただいているあなたは、
考えてみると自分の考えや行動は
おかしいなと気づいた経験はありますか?

<お知らせ>

傾聴の基本を学びたい方には、
15年の実績がある
傾聴1日講座が最適です
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo

<<編集後記>>

おとといから妻と小2の息子が
家を出て行きまして。

出て行ったと行っても
夏休みの旅行です(笑)。

手間のかからない中2の娘と
二人で自宅いいるとなんだか
妙に家でくつろげる感じがあり、
不思議です。

ちょうどこの家を購入したばかりのタイミングで、
311の震災と原発事故がありまして。

その直後に息子が生まれ。

考えてみるとこの家のスタートは
引っ越ししながら京都に一時避難した
身重の妻のところに行くために
当時まだ5才だった娘を連れて
車で京都をほぼ毎週往復する生活でした。

以来、家族も増えてバタバタして
落ち着いたことが一度もない思いでしか
この家にはありませんでした。

震災から8年。
引っ越してきて8年。
息子が生まれて8年。

8年目にして安らぎを
感じられるようになったことに感謝です。

今日もいい一日をお過ごしください!




logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)