「どうしたらいいのでしょうか?」への対処法

いつもありがとうございます。

音符は読めないけれどカラオケ好きな、岩松正史です。

カウンセラーなど相談受ける
仕事をしている人にありがちな悩みとして

「どうしたらいいでしょうか?」

とクライエントに質問されたときの
対応に困るというのがあります。

私も昔はそれが私を地獄へ突き落す
キラーワードでして(汗)。

いつも心の中で

「それだけは言わないでくれ」

と思いながら相談を受けていました(苦笑)。

いまは3つほど自分が納得できる対応の仕方を
もっているのであまり困ることはありません。

その中の一つに、

「質問したくなる思いを分かろうとする」

という方法があります。

文章でニュアンスをちゃんと伝えられるか微妙ですし、
かなりザックリとした説明になりますが、
あげ足取りではなく、素直な心でお読みください。

たとえばこんな感じです。

(1)「どうしたらいいか・・・そこを知りたいところですよね」と、機械的ではなく深く受け止めてから
(2)「例えば私からどんな答えをもらえたら安心(納得)出来そうでしょうか?」と訊いてみたりします。

すると、

自分が思いついても決められないことでも、
権威がある(と思い込んでいる)カウンセラーから言われたら、
同じことでも納得できてしまうという

「自分で決められない私」

とう根っこの主訴が見えてきたりします。

クライエント「例えば●●すればいいと思うなら、そう言ってもらえたら安心(納得)できます」

というような答えが返って来たら、

「その●●は、あなた自身が自分に言っても納得できない感じがあるのですね・・・」

という感じで、

「自分では決められない私」

をカウンセリングのテーマにすることもあります。

「わかりません」といわれたら、
それはそれでよくて、

クライエントにとっての安心が何か、
一緒に漂いながら探していってもいいでしょう。

カウンセラーの方であれば、

「質問されても答えてはいけない」

と一度は聴いた(言われた)経験がある方もいるでしょう。

それは、

単に「答えは自分の中にある」的な
杓子定規なことではなくて、

「どうしたらいいでしょうか?」と訊かれて
答え(らしきもの)を言ってしまうことは、
クライエントが根本的に抱えている

「自分で自分の人生が決められない」

という本質的な問題を先延ばしにしてしまったり、
時に悪化させてしまう可能性があるからです。

自分で自分の人生が決められないことが
問題の本質なのに他人がそれを肩代わりしてしまったら
どうなるでしょうか?

余計に決められないことが
強化されてしまいます。

答えることがいいか悪いかではなく、
根っこの主訴は何かを見て、
答えたら余計悪化させることになるときは
やはり答えないのが適切です。

「どうしたらいいのでしょうか?」

と質問されても、

「質問されてしまった私」

と捉えるのではなく、

「この方はいま問題の本質を語っている」

と捉えれば変に緊張することもありません。

話を聴くときは表面的にやり取りされる言葉よりも、

「そういわせている物は何か?」

根っこにある主訴は何かという視点で聴くといいでしょう。

<お知らせ>

脳の原則に沿った使い方を知り、
たった2日で誰でも300個の
単語を覚えるようになる記憶法の講座を
8年開催しています。

次回は8月31日~9月1日
飯田橋で開催です。
 ↓
http://bit.ly/2Hycquq

<<編集後記>>

きのうから東京で
傾聴サポーター養成講座がはじまりました。

今回は平日開催ですが、
新しいから、再受講の方、体験参加の方が
入り混じって楽しい学びの時間となりました。

今日も一部参加者が入れ替わりながら、
2日目の開催です。

天気もいいですね。

今日もいい一日をお過ごしください!




logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)