ネガティブを認めると喜ぶ

いつもありがとうございます。

高カロリーのハンバーガーもおいしく食べれば太らないと信じている、岩松正史です。

行きつけの散髪屋にいくと、
知人である店長がいつも同じこと言ってくる。

「だいぶ髪、伸びましたね」

それを聴くたびに思う。

「あれはわざと喜ばすために言っているな」

と。

話は変わるけれど、

講座を受講に来たマッサージ師さんが
お客さんが喜ぶキラーワードがあると
いっていたのを思い出した。

「肩、こってますね」

というとお客さんはとても喜ぶのだとか。

なんだかわかる気がする。

でも考えてみると
どちらも変な話だと気がついた。

「髪の毛伸びましたね」
「肩、こってますね」

どちらも本来あって欲しい姿とは逆の
ネガティブな状態を表す言葉ではないだろか?

髪の毛は、伸びているよりも
伸びてない方がいい。

肩は凝っているよりも
凝っていない方がいいに決まっている。

でも人にはなぜか
ネガティブな状態があることを
認められると嬉しくなるところがある。

最近の掃除機は、
ゴミがたまる場所が透明な物が多い。

汚いごみを見えないように隠すのをやめて、
見えるようにしたら大ヒットした掃除機があり、
みんなそれをまねし始めたらしい。

ネガティブなものは隠すよりも、
認めた方が人は意外と喜ぶ。

改善後への期待感が高まるからだろうか。

では、

傾聴を学んでいる人にその原理を応用して
誉め言葉になるキラーワードはないだろうか???

「全然、人の話聴けていませんね!」

・・・これでは、ダメな気がする(汗)

これは自分への宿題にしましょう(笑)。

さて、

これをお読みいただいているあなたは、
人の心をつかむキラーワードを持っていますか?

<お知らせ>

いろいろ意見を言いたくなってしまう気持ちを認めつつ
我慢しないで人の話を聴く方法に興味がある方は
来週水曜日から始まる傾聴サポーター養成講座にお越しください。
 ↓
http://bit.ly/2qJDa6f

<<編集後記>>

きのう無事に大阪での講師養成講座を終えて、
今日は帰宅するのみ。

今回はいつもと違うホテルにしたおかげで、
近くに知人が経営するお気に入りの
「肉カフェ」があることを思い出し、
ハンバーガーモーニングを食べながら、
このBLOGを書いています。

近くにもう一軒、
行きたいラーメンがあるので、
昼前になったらそれを食べてから
帰ろうと画策中です。

現在ダイエット中。

新潟から大阪まで移動してきた
4日間の道中、たくさんおいしいものを食べました。

それでも太っていない自信があります!

最高63キロあった体重を
今月中に50キロ台に戻します。

今日もいい一日をお過ごし下さい!




logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)