目的は幸せに生きるための手段

いつもありがとうございます。

幸せと不安がいつも混在している、岩松正史です。

毎朝5時半にWeb会議室に来て
「おはようございます!」といい
点呼をとるだけ。

そんな「5時半会」をはじめて
3ヶ月が経ちます。

ときどき

「なんのため?にやっているんですか?」

と聞かれると回答に困ります。

イギリスの登山家ジョージ・マロリーの
“Because it’s there.”
(そこに山があるから!)

という言葉におき換えて言うなら、

「5時半になったから!」

でしょうかね(笑)

とにかく、やる目的などないのです(笑)。

・・・

もともと私は土日関係なく
5時半には毎日起きていまして。

たまたまそこに、
5時半に起きられたらいいなぁと
言っていたメンバーがいたから
始めただけのこと。

やっていると、

きのうと同じ人が来る日もあれば
来ない日もある。

でも、なぜか0人の日はない。

何かそんな人の流れを
感じられるのも面白いところです。

でも、3か月続けていると
少しずつ参加する人が増えて来まして。

みんな何の目的もなく
集まってくるのであります。

・・・

何か達成していきたいなら
目的、目標を持った方がいいでしょう。

でも、人生そのものに
目標を持つことが唯一大事かというと、
そんなことはない気がします。

人生に必要なのは目的よりも
生きている喜びだったり、
安らぎだったりではないでしょうか。

確かに目的を持つことで喜びや安らぎを
得られることがあるけれど
それは必要十分条件ではない。

つまり、

目的を持つことは自体は
幸せになるための一つの手段でしかないのです。

目的があればいい人生を送れる人いれば、
目的がなくてもいい人生を送れる人もいる。

目的がある人生もいい人生も、
目的がない人生もどちらもいい人生かなと。

個人的には、

日々目的をもってエネルギッシュに
暮らしそうとしています。

でもなんとなく目的なくしている
5時半会みたいのものの方が素のままの
自分でいられて楽です。

いかがでしょうか?

これをお読みいただいているあなたは
目的なくやっているけれど、
幸せに生きるために欠かせない
大切なものはありますか?

<お知らせ>

聴き上手を育てる
傾聴サポーター養成講座は
6月26~28日飯田橋で開催です。
 ↓
http://bit.ly/2qJDa6f

<<編集後記>>

きのうは午前中からおととい開催された
傾聴心理士試験の採点をしておりました。

自分が試験を受けるのは嫌なものですが、
人の試験問題を作ったり、
採点したりするのはなぜか楽しい物ですね(笑)

みなさんやらされた試験ではなく、
自らの意志で受けた試験でしたから、
努力の成果を感じながら
神妙&慎重にに進めさせていただきました。

さて、今日も研修&傾聴ボランティア。

張り切ってまいりましょう。

今日もいい一日をお過ごしください!




logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)