外から眺めて学ぶ

いつもありがとうございます。

玉子焼きを5日連続で焼いて研究中の、岩松正史です。

きのうは珍しく
講演会を「見に」いきました。

ありがたいことですが、
最近は講演会と言えばもっぱら
話をさせていただくことしかしていなかったので、
とても新鮮な気持ちになりました。

研修や講座の場合
やり取りが必ず発生しますが
ただただひたすら耳を傾けていればいい。

(ときどき寝ていてもバレない!(笑))

そんな自由な時間は本当に久しぶりでして
1時間半の講演を2つ聴いたのですが、
本当に楽しく聴くことが出来ました。

人の講演を聞いていると

「いまの表現の仕方はと面白い」
「いまの表現はわかりにくい」

とか。

客観的に見られるからこそわかることがあり、
伝え方の勉強にもなります。

私の場合、メモは基本とらず
覚えようとしながら聴くので、
あたらしい知識も増えてきます。

例えばきのう覚えたものの一例をあげると、

キャリアコンサルティングの講演では、

・2001年(平成13年)第7次職業能力基本計画
→企業責任の明示

・2016年第10次職業の力基本調査
→生産性向上のためのキャリア支援

知的満足も満たすことが出来ます。

・・・

学生時代に聴かされた、
校長先生のありがたい話の時とは違い
楽しい癒しの時間となりました

完全に自由で、受け身の状態で
話を聴きながら思ったのは

「ただインプットするだけの時間は大事」

ということです。

セミナーや講座の世界には
6:4の比率の法則というのがありまして。

一つのセミナー内の時間配分を、
実技ワーク6割、座学4割と実技を多めにすると
参加者の満足度が高まるという考えです。

参加型の方がいいということですね。

私自身も講座をやるときには
心がけています。

でも、逆に最近どこに行っても
参加型ばかりが多くて正直
ちょっと行くのが面倒だなと思い
参加を躊躇することもあります。

参加せずゆったりと外から
眺めていたい時というのはないですか?

客観的に自由な距離感で眺めるからこそ、
得られる気付きや学びもあります。

行動することは大事です。

でも、

傍観することの大事さも知った
そんな新鮮な体験をした一日でした。

いかがでしょうか?

これをお読みいただいているあなたは
傍観していたからこそ、
気付きや学びを得られた経験はありますか?

<お知らせ>

話し手、聴き手、観察者というように、
外から眺めて学ぶワークもある
傾聴サポーター養成講座は、
6月15日、26日開催です。
 ↓
http://bit.ly/2qJDa6f

<<編集後記>>

きのうは中学2年生の娘が
生まれて初めて一人で電車に乗って
渋谷に出かけるというので
ハラハラドキドキしていました。

行きたいイベントがあったそうです。

前日に地図と電車の情報を
印刷して渡してあげました。

帰りに途中一回、乗る電車の
電話がかかってきましたが無事に帰宅。

なかなか一人では動かない娘が
ちゃんと自分のためなら頑張れたことが
嬉しかった一日でした。

私も私のために頑張ろうと思った次第です。

今日もいい一日をお過ごしください!




logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)