いらない荷物を背負う

いつもありがとうございます。

「調子に乗る」と「落ち込む」をくり返しがちな、岩松正史です。

いらない荷物を背負う

なんだか最近、カバンを持って
外を歩き回るのがしんどくなった。

体全体が重く感じる。

46歳をそろそろ迎える。

年のせいかな?

そう思い始めた。

ここ二週間ほどその思いは
どんどん強くなってきていた。

でも、体力が落ちてきても
まだまだ子育てのために
頑張らなくてはいけない。

「めげるな!」

そう自分を励ますことが増えた。

・・・

そんなある日、
パソコン仕事をしようと
喫茶店に入った。

席に座りパソコンが
入っているカバンを開けた。

すると・・・。

なんと、

カバンの中に重さ300gほどある
観葉植物用の肥料の袋が入っていた。

事務所にある観葉植物に
やろうと購入し、

カバンにいれたまま
忘れてしまっていたのだ。

そういえば、

体が重く感じると思う瞬間は
決まってカバンを持ち歩いている
最中ばかりだった。

重いのは体ではなく
カバンだった(汗)。

・・・

知らいないうちに
いらない荷物を抱えて
生きづらさを感じていた。

そんな経験はないだろうか???

外にばかり原因を探していると
自分のことがよくわからなくなる
ことがよくある。

生きづらさを感じたときは
自分の身の回りを調べしてみるほうが
いいかもしれない。

早速、帰宅してから
カバン中身を全部ひっくり返し全部出した。

細々した、いらないゴミや
不要物が結構出てきた。

(肥料と)それを捨てただけで、
まただいぶ軽くなった。

・・・

カバンの整理が終わったあと
今度は付箋(ポストイット)を取り出して

そこに、

「やりたいこと」
「やらないといけないこと」

を付箋に書き出し、
優先順位をつけながら
ノートに貼り付けていった。

これできっと心のカバンも整理が出来て
少しは軽くなるだろうと期待しながら・・・。

<お知らせ>

自分の心を整理して、
人との関係を軽くしたい人のための
コミュニケーション法は、

傾聴1日講座で知ることが出来ます。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo

<<編集後記>>

きのうは毎月恒例の
傾聴ボランティアの日でした。

昨年秋に事務所がある千代田区内に
傾聴ボランティア団体を
立ち上げて半年。

いい訪問先にも恵まれて
メンバーと楽しく有意義な時間を
過ごさせていただいています。

話す相手がいること、
人と関りがあること。

たったそれだけと思えることが
意外と大事だと改めて
思う今日この頃であります。

貴重な経験から元気をもらいました。

今日も張り切ってまいりましょう。

今日もいい一日にをお過ごしください!




logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)