それは気づきか?

いつもありがとうございます。

人生の3分の1の時間を探しものに使っている、岩松正史です。

傾聴は

・話し手の気持ちを理解すること
・支えること
・寄り添うこと

そう頭でわかっているはずなのに、
悩みごとなど聞いていると、
つい相手になにかいいことを

「気づかせたい」

という欲が出てくる人がいます。

かくいう私も、

「気づかせたい病」

を長年患っていた
患者の一人であります。

気付き(アウェアネス)とは
どういうことなのか?

ニセモノの気づきと本物の気づきを
見分けられるようになりたいものです。

<気づきのレベル>

【レベル-1】

「岩松さんの言うとおりだと思います」

→これは気付きではなく説得。

【レベル0】
「岩松さんに言われて思ったんですけど」

→これは誘導。

【レベル1】
「岩松さんと話していて思ったんですけど」

→おしいけれど、自己主張がまだ強い。

【★レベル2】

「今、(自分で言ってみて)ふと思ったんですけど」

→気付き(アウェアネス)。

気付きは与えるものではなく
自分の中から「湧き出る」ものです。

考えて分かるものではありません。
(それは理解)

また、

気づきは自分自身の内面に流れる
「複雑な何か」に触れている
プロセスから得られるものです。

カウンセラーの存在は、
クライエントが内面に触れやすい
「状態」「環境」作りに一役買うだけ。

カウンセラーの存在が意識されることで、
気づきが生まれるわけでもないし、
カウンセラーが気付きを与えるわけでもありません。

カウンセラーが

「安全な空気」
「黒子」

になればなるほど「気づき」が
生まれる可能性が高まります。

レベルマイナス1から1は、
カウンセラーの自己顕示欲の現れです。

こんなことをエラそうに言っている私自身、
レベル1の反応をもらうことが
いまでも頻繁にあります。

その都度、

「我欲が出すぎたと」

反省するのであります。

この言葉を自分に問いかけてみよう!

「それは気づきか?気づかせか?あるいは、私の中の欲ではないか?」

<お知らせ>

キャリコン筆記&面接対策講座を
5月19日と23日に開催します。

筆記対策は記憶術受講者のみ、
面接対策講座は一般の方も受講いただけます。
 ↓
http://bit.ly/2H9ylYK

<編集後記>

火曜日は家事の日。

きのうは息子の習い事のあと
週1回のお決まりの買い出しに
スーパーに行きました。

もう何十回と行っている店なので
勝手知れたもの。

7歳の息子も慣れた手つきで手際よく
必要なものをかき集めて
手伝いをしてくれました。

30分もかからずに予定したものを
買い物かご2杯分買い込みました。

なんども「反復」して、
売り場の「イメージ」が
脳に入っているからであります。

さて、

今日から2日間、
飯田橋で記憶術講座開催。

みなさんのイメージ力をアップして
300個の単語を手際よく覚える
方法をお手伝いしてきます!

今日もいい一日をお過ごしください!