意味のない3つの言葉(3)

いつもありがとうございます。

そろそろ散髪に行きたい、岩松正史です。

今回は、前回の続きです。

・「意味のない3つの言葉(1)」http://bit.ly/2VOZES0
・「意味のない3つの言葉(2)」http://bit.ly/2ZWfJV4

世の中には言ってもしょうがない
意味がない言葉というものがあるということで、

1.わかったか
2.気にするな
3.気づけ
を紹介しました。

今回は

なぜ人は意味のない言葉を言ってしまうのか?
の続きです。

・・・

意味のない言葉を言ってしまうのは
それを言うことでいう人自身が
内面的な感情の処理を試みているのです。

ただそのときに

「私は気に入らない」

というのははばかられるため、

「あなたのためだ」
「あなたはこうすべきだ」

と問題の所在を相手に転嫁することで、

「自分は他人を変えようするような、卑しい人間ではない」

と正当化します。

この心の自動反応を

「投射(投影)」

といいます。

潜在意識の動きなので、
言っている本人は投射していることに
気づくことは困難です。

投射は自分自身に対する
否定的な価値観(心のフィルター)
が引き起こします。

たとえば

「わかったか」という人は、
「わからない」人間には価値がないと思っている人です。

=理解が遅い人間と自分が思われたくない
(自分で思いたくない)

「気にするな」という人は、
気にしてくよくよ生きる人間に価値はないと思っている人です。

=クヨクヨ気にしている人間と思われたくない。
(自分で思いたくない)

「気付け」という人は、
気づけない人間に価値はないと思っている人です。

=自分が気づけない人間だと思われたくない。
(自分で思いたくない)

意味ない言葉の出どころは、
自分の中にある無価値観、そして恐怖です。

せっかく自分は
ネガティブなものから目をそらし、
避けて生きていても

他人は自分が見たくない
ネガティブなものを見せつけてきます。

すると潜在意識が苦しくなり

「醜い姿を見せるな!」

と、相手を否定することで、
自分を守ろうとするのです。

言われた方にしてみれば、
言われてもどうしようもない
意味がない言葉でも、

それをいう方の人には、

「自分を守るために必要」

ということで、
意味がある言葉なんですね。

「わかったか」
「気にするな」
「気付け」

他にもあると思いますが、
まずはこの3語を言いたくなった時は
自分の中にある否定的な価値観に
気づくチャンスです。

これをお読みいただいているあなたには、
ぜひその事実に

気付いて

欲しいと思います。

わかりましたか?

でも、気付けなくても
気にしないでください(笑)

<お知らせ>

開催回数89回。

誰でも300個の単語が覚えられる脳になる。

試験勉強、思考の高速化に役立つ
脳の使い方を身につける、

記憶法講座は5月8~9日
飯田橋で開催です。
 ↓
http://bit.ly/2Hycquq

<<編集後記>>

きのうまで3日間、飯田橋にて
傾聴サポーター養成講座を開催していました。

今回初めて、北海道からご参加の方がいて、
これで傾聴サポーターも

今までは、仙台止まりだったのが、

「北は北海道から!」

と言えるようになりました(笑)

(ちなみに、南は台湾です!)

今日は連休最終日、
息子と湘南の海で地引網を引いて
バーベキューをしに行ってきます。

今日もいい一日をお過ごしください!