TV番組の記憶力対決企画のお手伝いをしてきました

きのう某テレビ局の

番組制作会社に行っていました。

テレビで、

芸能人と記憶の達人の神経衰弱対決の企画

があり、

記憶の達人としてテレビに出ることになった

・・・のではなくて(笑)、

どんな勝負にすると面白くなるか

研究するために記憶力の専門家に

来て欲しいと言う依頼でした。

正直いいまして、

記憶法を使ってトランプを

おぼえた経験はないですし、

神経衰弱に記憶を使ったこともありません。

というか、

41歳になって神経衰弱をやる場面、

あまりないですよね(笑)

電話をしながら一瞬、

断ろうかと思ったのですが、

トランプの記憶はやったことがないことを

正直に伝えた上で、

それでもよいということでしたので

「では、一日で準備して伺います」

と言って受けることにしました。

(こう言いきらないとスイッチ入らないですから)

初めてやることなので

楽な気持ちなわけでもないのですが、

その時の私の心情はどうだったかというと、

・失敗しても死にはしない

・1%でもプラスにできたらよしとしよう

と言う精神でありました。

いままでの経験から、

そういう精神でやれば

やろうとしなかったときよりも

1歩でも2歩でも確実に前進できる事を知っています。

日程は2日後ということで時間がないので

翌日、

この年になってはじめて真剣に丸一日

神経衰弱と向かい合いました(笑)。

結果、

さすがに素人相手に負けたら

シャレにならないプレッシャーを感じつつ

普通の真剣衰弱は圧勝し、

はじめてやるアレンジされたルールの

真剣衰弱では苦戦しつつも

勝ってほっとしています。

もともと真剣衰弱そのものが目的ではなかったので

勝敗はどっちでもよかったことではありますが、

依頼元の研究のお手伝いもできました。

初めてのことや苦手なことすべてに

チャレンジする必要などありません。

でも、

やろうとして目を向ければ

100%出来なくても1%でも2%でも前に進めるのに、

自信がないからといってやめてしまった

一生0%のままです。

0%のままの自分を見てさらに

自信を落としてしまうことはないでしょうか?

・・・

いまだから言えますが、

やることを決めた翌日の朝、

真剣衰弱好きの小4の娘と勝負をしたら

全敗でした。

専門家としていくのですから、

真っ青です(汗)

たった1日でどこまでできるか???

それが、

当日の朝に再勝負をしたときには

イメージ記憶をしっかり使った方法で勝負して

3勝1敗になりました。

この結果をよいと見るか悪いと見るかは人それぞれでしょう。

「足りない」

「不十分だ」

「かっこわるい」

といわれればそれまでです。

なにせ「専門家」ですからね。

でも私の感覚はさきほどの通り


・たとえ100%出来なくてもやらなかたっときよりは前進している。

・失敗しても死にはしない

・1でもプラスにできたらよしとしよう

出来ないほうではなく、出来たほうに目を向けると

自分への信頼も増すしだけでなく実力もあがっていきます。

逆にいえば

1できたこと(99できていないこと)を

よしと思えなければ、

一生実力は上がりません。

出来るようになるためには、

出来ない自分をまずちゃんと受け入れることが大切です。

私は、

神経衰弱のプロではありませんが、

苦しいこと、困難なことと上手につきあう

脳と心の使い方のプロ

でいたいのであります。

そういう面で今回、

自分の期待は裏切らなかったように思います。

なかなか楽しい経験でした。

<お知らせ>

次回の記憶術は、福岡開催です。
9月12~13日(土日)。
 ↓
http://goo.gl/z1Qy8S

東京は、

10月3~4日(土日)になります。
 ↓
http://goo.gl/z1Qy8S

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /自由国民社
聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」