マイブームはなんですか?

いつもありがとうございます。

最近、鶏軟骨のから揚げにハマり気味な、岩松正史です。

・・・

突然ですが、あなたのマイブームは何ですか???

私の以前のマイブームといえば、
たくさんありました。

例えば、

・食べるラー油を箱買いしたり
・コンビニコーヒー
・ポケモンGO
・読書にハマってた時期もあります
・食べ物なら他にも牛タン、牛肉、ラーメン、唐揚げ・・・

いろいろマイブームがありました。

そんな私の今のマイブームは、

「対比効果」

です。

対比効果とは何か?

おもに料理などで使われる言葉です。

たとえば、

スイカに塩を書けると
スイカがより甘く感じられますね。

このようにあるモノを引き立てたければ、
別の特徴を持ったものとあわせることで、
本来ある物の味が引き立つ、

それが、対比効果です。

そしてマイブームは、
この対比効果を料理ではなく
カウンセリングの中で使うことです。

例えば、

白い折り紙の横に、
すごく薄い灰色の折り紙を置いても
色の違いは分かりにくいですよね。

でも、白い折り紙の横に、
真っ黒の折り紙を置いたらどうでしょう?

白と黒の違いが
はっきりと際立ちます。

・・・

1月からカウンセリングの
スキルを教える講座を始めました。
(傾聴心理士養成講座)

講座の中では、私自身が普段行っている
問題解決の手法をそのまま
お伝えしています。

これは初めての経験でして。

講座では自分の中で何が起きていることを
言語化する必要があるので、
自分を見つめるいい機会をいただいています。

その中で、気がついたのは、
私は心理カウンセリングでも
ビジネスコンサルティングでも

相手の方が抱える問題を
正しく理解するために、
この「対比効果」を当たり前に
使っていることに気がついたのです。

つまり、

例えば、クライエントさんが
「なりたい姿」をちゃんと
理解するために、

なりたい姿とは真逆の、
「なりたくない姿」、

あるいは、

「うまくいっていない現実」

というネガティブな方を
より深く傾聴することを
大切にしています。

もしカウンセリングの時間が60分なら
約3分の2の40分は、
その人の中にあるネガティブなものを
しっかりと訊ききることに費やしています。

ネガティブなものがわかればわかるほど、
結果的に「なりたい姿」が
浮き彫りになってくるのです。

これが先ほどの折り紙で言う、
白い折り紙と黒い折り紙の話と同じです。

もし、黒が明確でないまま
ポジティブなことだけ考えようとするなら、
それは、すごくうすい灰色の折り紙を
白い紙の横に並べるようなものなので、
よくわからないのは当然です。

今回自分を見つめる機会を
いただいているおかげで、

どんなにネガティブな話でも、
なぜ自分はどこまでも深く
傾聴をしようとしているのか???

自分が当たり前にしてきたことの
理由がわかった気がしています。

そのことに気がついてから、
さらに話を聴くのが面白くなってきまして(笑)

それでいまマイブーム到来というわけです。

ちゃんと相手の気持ちに
沿った支援をしたいなら、
真っ黒を確信するまで、
一緒の世界落ちて行った方が、
問題解決するには断然「得」です。

対比効果については、
他にもいろいろ書きたいことが出てきていますので、
また別の機会にご紹介しましょう。

話しは元に戻りますが、
あなたのマイブームは何ですか???

<お知らせ>

4月末開講の傾聴心理士養成講座の
体験会&説明会の2日分追加しました。

傾聴を使った問題解決の仕方に
興味がある方はぜひお越しください。
 ↓
http://bit.ly/2ONbvIm



logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)