「どうなりたいか」知るには?

いつもありがとうございます。

小学生ころ「ザ・ピーナッツ」になりたかった、岩松正史です。

・・・

「どうなれたらいいと思いますか?」

カウンセラーがよく口にする質問です。

でもこの質問の仕方は、なかなかよい
成果に結びつかないことがあります。

「そういわれても・・・」

クライエントに困られてしまった
経験はないでしょうか?

そもそも意図してした質問なら
困ることはないでしょう。

でも、なんとなく願望を訊いてみただけだと、
そこで行き詰まってしまったりします。

カウンセラーもクライエントも
どうなりたいかを知りたい。

でも、どうなりたいかを知るために直接
「どうなりたいですか?」と訊けば
すぐわかるというものではありません。

そんな時におすすなのが
「逆を訊く」ことです。

どうなりたいか知りたいなら、

「どうなりたくないか?」

を明らかにしていくといいでしょう。

なりたくない姿の反対にあるものが、
なりたい姿に「近い」状態になります。

問題解決の選択肢を

「なりたい自分像になる」

に固定してしまうと視野が狭くなります。

そこにもう一つ

「なりたくない自分にならない」

を加えると、選択肢が広がります。

A.なりたい自分→「芸能人になりたい」
B.なりたくない自分→「サラリーマンにはなりたくない」

Bでは、サラリーマン以外の職業は
一応全部選択肢に入りますかラ、
選択の仕方が大きく変わりますよね。

いまのは極端な例ですがとにかく、
なりたい姿を明らかにしたいなら、

「なりたくない姿」を
しっかり理解することで、

「なりたくない姿以外」がわかってきて
問題の定義そのものを
広げることが出来ます。

傾聴するときになぜネガティブな思いも
しっかり聴く理由の人とはそこにあります。

ネガティブな思いがわかればわかるほど、
ポジティブが見つけやすくなるのです。

ネガティブを避けていると
いつまでたっても本当の
ポジティブが見つかりません。

ポジティブになりたい(したい)なら、
ネガティブをしっかり理解るのが、
近道です。

<お知らせ>

ネガティブな気持ちを支えることで、
ポジティブになる支援になる
傾聴の聴き方を学ぶには、
14年の実績がある
傾聴1日講座がおススメです。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo



logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)