754より753


いつもありがとうございます。

スーパー銭湯の虜と化している、岩松正史です。

・・・

月数回スパやスーパー銭湯に行きます。

体を休めにいく時もありますし、
アイデアと思考の整理をするのは
風呂はとてもいいです。

おそらくシータ波が出ているのだと
勝手に思っています。

先日、都内のスパに行った時のこと。

入店してすぐのところに
靴のロッカーあります。

ぱっと目についたロッカーに目をやると
ロッカー番号が「754」でした。

そのまま靴を入れて
・・・しまえばいいのだけれど、

なぜか、

その一個上の「753」が気になりまして。

見てみたら「753」も空いていたので、
わざわざそちらに靴を入れたのでした。

なぜか?

753は「しち・ご・さん」で
語呂がよかったからです(笑)

特にこだわりがある数字ではないけれど、
なんとなく語呂がいい方の数字を
選ぶことってないですか???

753以外にも

私の感覚としてすわりがいい数字があります。

たとえば、

777

333。

(パチンコで一番多く球が出る大当たりです!)

数字に限らず、人は別にこだわらなくてもいいのに
無意識に心地いい方を選ぶ傾向がありますね。

意識していなくても、馴染みやすい方に
引っ張られてしまうんのです。

・・・

人の話を聴くときも同じです

相手の言わんとしていることを
ただ聞けばいいだけなのに、

つい自分がなじみやすいように
変換、加工して解釈してしまいます。

相手をそのままわかろうとしていたはずが、
いつのまにか、自分色に着色してしがちです。

それを防ぐには、話をどう聞くか?

相手に対する聴き方をどうするか以前に
自分はどう聞いているか?

自分の心の癖を意識することです。

すると、

客観的に自分を見られるようになり、
相手が言わんとすることを、
ちゃんとそのまま聴けるようになってきます。

自分の心が何に動いているか注目する。

それを「フォーカシング」あるいは
「自分への傾聴」といいます。

自分の心を傾聴できるようになればなるほど、
人の心にも傾聴しやすくなる。

当たり前のことですね。

<お知らせ>

自分の心を聴けるスキルを
人の心を聴けるスキルにつなげる

本物の傾聴を学べる
傾聴1日講座は3月17日飯田橋で開催です。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo



logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)