考えるより感じる

傾聴は感じることが大事です。

「書く」「見て覚える」

「どういう内容だったか考えて整理する」は

全部事柄中心の思考回路です。

わたしたちには事柄で理解するという

クセがついています。

日常生活のほとんどは事柄で処理できるので

当たり前と言えば当たり前です。

でも聴けない理由もそこにあります。

わざわざ何もない状態から口でアウトプットしてみると

その事についてどれくらい理解できているかが

感覚として明確に現れます。

曖昧に感じたところから見直しをすると、

紙を眺めるのとはまったく違うスピードと質で

頭に入ってきて自分の言葉で伝えられるようになります。

感じることを優先してあげると

うまくいくという疑似体験ができます。

私たちは事柄に慣れ過ぎています。

慣れ過ぎていてそれがクセなのか

どうなのかさえ分からなくなっています。

気持ちが大事だと理屈でわかっていても、

困った時にはクセがついていると

慣れ親しんだ方法にすぐ戻りたくなってしまいます。

ですからワークのときにはいつも

のロジックにはまらないよう口を酸っぱくして

「絶対にテキスト本を見ないでください」

「書かないでください」

「書いたモノを覚えようとしないでください」

としつこくお伝えします。

考えるより感じる・・・

まずは、

これを実践しながら、

事柄に流れやすいクセがあるとことに気付きましょう。

<お知らせ1>
傾聴1日講座
・8月13日(東京)→残り1席
・8月22日(東京)→残り2席
・8月27日(大阪)→満席
 ↓
http://goo.gl/egTlHM

<お知らせ2>
記憶術9月は福岡開催です。
・9月12、13日天神
 ↓
http://goo.gl/IboMf9

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /自由国民社
聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」