感情はすべてが宝物


いつもありがとうございます。

カラオケは一人で行くのが一番好きな、岩松正史です。

「自分の気持ちに気づくのが大事」
「いまここが大事」

自己啓発やカウンセリングで
よくいわれることですね。

でもそういわれると、
なにか自分の中に一つ素敵な
感情というものがあって、

それを見つけましょう
みたいに聴こえませんか???

でも、それは間違いです。

たとえば、いまの私の場合を考えてみても
今ここにある感情は、一つではなく複数です

・動画を見て楽しいと感じる私
・複雑な仕事のことを考えると、面倒くさいなと感じる私
・子供の将来を思うと、心配に感じる私
・子供の将来に大いに期待している私
・今日、たくさんのお客さんたちに会うのが楽しみな私
・将来が不安な私
・いまの生活が満たされていないと感じ、不満な私
・いまの生活が満たされていると感じ、幸せな私・・・

他にもいろいろな感情が、
いまここにあります。

でも、人は同時には1つの感情しか、
いまこの瞬間は感じることはできない。

ただそれだけのことです。

例えるなら、レストランで
目の前にステーキとご飯と
スープとサラダが並んでいても、

一度に食べられるのは
1品目しかないのと同じです。

(同じかな???(笑))

そして感じる感情は刻一刻
秒単位で変わり流れていきます。

自分の気持ちに気づくというのは
素晴らしい一つの感情を
見つけようとすることではありません。

自分の中にたくさんある感情を、
丁寧に一つずつ見ていくことです。

「あんな自分もいるなぁ・・・」
「こんな自分もいるなぁ・・・」

そんな風に、たくさんの自分を
見つめていくことが自己理解です。

感情にはいいも悪いもなく、すべて宝。

感情はポジティブでも
ネガティブでもすべて「自分自身」。

自分の中にある大事な
自分の感情たちの多くを無視して、
たった一つの素敵な自分だけを
探すのはやめましょう。

それは自分に対する無視、
自己否定になってしまいます。

いいも悪いもなく、

「私はすでに、宝の持ち主!」

そう思うのですが、
あなたはどう思いますか???

<お知らせ>

自分に気づき、他人に気づきたい人のための
初心者のための傾聴1日講座は
土曜日に飯田橋で開催です。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo



logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)