居酒屋の店員さんがもっている、ものすごい記憶力とは

先週8月の記憶術をやりました。

夏休みということで子供から大人まで

たくさんの方が参加され、

今回も全員そろって記憶の富士山

山頂に登頂成功できました。

別に私が記憶力が特別よいから

講師をしているわけではなくて、

使い方さえ分かってしまえば誰でも

記憶なんてできることではありますが、

そんな私が「記憶力」ということに関して

一目おいている人物が一人います。

それは、

飯田橋の事務所の近所にある

いきつけのイタリアンバル(飲み屋)の

アルバイトのお兄さんです。

お兄さんといっても、

私より少し若い35歳前後でしょうか。

とにかく彼の記憶力はすごい!!!

まだ、常連になってなかったころ、

2回しか来店したことがなかった時のことです。

ことし2月に、また行こうと思い

数人で連れだって行ったのでしたが、

あいにく満席で入れませんでした。

それから3カ月ほどした

5月にふたたび来店した時、

店に入るなりその店員さんが言いました。

「先日は満席ですみませんでした」

一瞬驚きますよね。

まだ2回しか来たことがない客のことを、

しかも3カ月も前のことを覚えているなんて。

つづけて席に座るなり言いました。

「飲み物はサングリアにしますか?

白ワインもありますけれど」

「あと、アヒージョもマッシュルームにしますかね?」

…実は、

前回入店出来なかったさらに前の回、

来店した時注文したメニューを覚えているのです。

あまりの記憶力の良さに、

興味を押さえられず思わず質問してしまいました。

「どうやって覚えているんですか?」

すると数秒間すこし困った顔をしながら

「う~ん」

考えたあと、こう言いました。

「同じ飲み物をつづけて頼んでくれると
覚えやすいですね。」

「でも、コロコロ変わる人も覚えやすいかなぁ。」

客の特徴的な行動パターンを感じとっているようです。

そしてつづけて言いました。

「ところで、前回先生(私)が来た時に、
 肉は食べても太らないっていってたでしょ。
 あれからそのことが気になっちゃって、
 本当に肉が太らないか試しているんです。」

私が男でありながらダイエットの講師をしているのが

珍しかったのか何なのかわかりませんが、

私が講師であることや何カ月も前の話の

内容を覚えているのです。

一見すると、

たまたま私が彼にとって

興味がある人物だっただけ

と、思うかもしれません。

でも他のお客さんとのやりを聴いても、

やはり彼はお客さんのことを

よく覚えているのです。

もし私に対して興味を持ってくれたのだとしたら、

彼はたぶんみんなに対して

興味を持てる人なのだと思います。

いつ行っても彼からは接客好き

・・・というか、

人間好きというオーラが満ち溢れています。

相手に関心をもちさえもてれば、

相手のことを覚えているのに

特別な記憶法など必要ないのでしょうね。

関心を持てば、話も聴けるし、記憶にも残る。

なにか、

傾聴と記憶術をお伝えしている私の心を

代弁してくれる生き証人のような人なのです、彼は。

たしかにスキルは大切ですが、

スキルよりも

「関心力」

をあげた方がいろいろな意味でいいかなと思うのです。

そして、

関心力をあげるには外に関心を向けれるだけの

余裕が自分の中にないとできませんね。

・・・

と、いうことで、

今日は10年来の傾聴仲間たちと一緒に、

その彼がいるイタリアン・バルで

暑気払いをしてきます!

楽しみです。

今日もいい一日になる予感がします。

<お知らせ1>
傾聴1日講座
・8月13日(東京)→残り2席
・8月22日(東京)→残り2席
・8月27日(大阪)→満席
 ↓
http://goo.gl/egTlHM

<お知らせ2>
記憶術9月は福岡開催です。
・9月12、13日天神
 ↓
http://goo.gl/IboMf9

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座

著書「聴く力の強化書」 /自由国民社
聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」