パーソナリティ変化の必要十分条件の覚え方(5)アウトプット2(詳細)

いつもありがとうございます。

ふるさと納税で真空パックのご飯ばかり頼んだ、岩松正史です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1 2人の人が心理的な接触を持っていること。
2 クライエントは不一致の状態にあり、傷つきやすく不安定な状態にあること。
3 カウンセラーはその関係の中で一致しており、統合していること。
4 カウンセラーはクライエントに対して、無条件の肯定的関心を体験していること。
5 カウンセラーはクライエントの内部的照合枠に対して、共感的理解を体験しており、この体験をクライエントに伝えようと努めていること。
6 カウンセラーが体験している共感的理解と、無条件の肯定的関心が、最低限度クライエントに伝わっていること。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1957年にロジャーズが発表した上記の、
「パーソナリティ変化の必要十分条件」の
6つを覚えようということで、やってきました。

<過去の記事>
パーソナリティ変化の必要十分条件の覚え方(1)
「幹→枝葉の原則」
http://bit.ly/2B7JtUe

パーソナリティ変化の必要十分条件の覚え方(2)
「全体理解」
http://bit.ly/2RQmebq

パーソナリティ変化の必要十分条件の覚え方(3)
「数を確認する」
http://bit.ly/2RYr3PY

パーソナリティ変化の必要十分条件の覚え方(4)
「アウトプット1(全体)」
http://bit.ly/2Ge2SpB

今日はその続きです。

一度、全体を口でアウトプットしたら
だいたいどこが楽そうで
どこがしんどそうか体験できるでしょう。

このように「あ・た・り」をつけてから
手を付け始めると脳が動きやすくなります。

ここからが詳細を覚え、
記憶にしっかり入れる作業のスタートです。

よほど簡単な文章があれば
そこから始めてもいいですが
今回は1行目から始めてみましょう。

1行目のみ、口でアウトプットしてみます。

正確にはこのような文章でした。

「2人の人が心理的接触を持っていること。」

ちゃんと覚えようとしなくても
「2人が接触を持っている・・・」
程度、記憶されていたとします。

あとは、穴埋めをすればOKです。

その際、抜けた数(これから覚える数)を
しっかり数えて脳に植え付けてから埋めていきましょう。

「2人【①の人】が、【②心理的】な接触を持っている【③こと】。

カギカッコ【①~③】が、抜けていた部分です。

①~③で一番理解が楽そうなのはどれでしょうか?
(覚えるというより理解する)

例えば私なら③です。

なぜなら、1~6のすべての文章は
「こと」で終わっているからです。

一度覚えてしまえば、すべての文章に
応用させることが出来ます。

「『こと』で終わらせる!」
これでまず一つおしまい。

つぎは①②。

どちらからでもいいですが、
パット見、私なら①を選びます。

理由は「2人の人が」という具合に
「人人」が2個続いているからです。

「人・・・人と二つ続いてるな!」と
納得しておしまいです。

このように実際に覚えるときは、他の部分の情報との
「共通点と相違点、類似点」
を探すと覚えやすくなります。

これで①③は終わりです。

最後②は、まずもう一回文脈を見てみます。

「2人の人が、●●●な接触を持っていること。」

これだけでも十分抜けた●には
「心理的」が合いそうな気もしますが
例えば類似した表現で「心理的接触」
にならないように、念のために保険をかけておきます。

「心・理・的」は3文字、
「心・理・的・接・触」は5文字です。

このように、
「3文字だからだから『心理的』な接触」
数をちゃんと確認すると間違いが減ります。

詳細に覚えるときには,

(1)数の確認
(2)共通点、相違点、類似点と結び付けて覚える

これをやるのがおすすめです。

これは、脳が持つ特徴の一つ
「関連付け(連結)すると覚えやすくなる」
を利用した方法です。

「794ウグイス平安京」などの
語呂合わせが覚えやすいのも
身近な言葉との関連付けを利用した記憶法です。

そして、1文章覚えおわった先に進まずに、
最低3回(自信がなければ5~10回)
暗唱してあいまいなところをなくしましょう。

「文章1は『2人の人が、心理的接触を持っていること』で間違いない!」
と思えるまで口で言います。

確実になったら、2番目の文章に進みます。

やり方は1個目と同じですが、文章が2行3行と増えてきたたら
アウトプットする際に、ちょっとしたコツがあります。

今日はアウトプット時の記憶の定着のコツまで
進もうと思ったのですが長文になってきたので、
これは次回にいたしましょう。

今回のポイントをまとめると

(1)まずアウトプットして、ダイジョブなところと危うい個所の場所と数を確認する
(2)危ういところの単語を見る
(3)パット見て理解できれば、それでおしまい
(4)理解できなければ、前後の文章との共通点、相違点、類似点を探して出来るだけ関連付けて理解する
(5)混乱しやすそうな部分(例:心理的or心理的な)は相違点、
  (例:「漢字のみ3文字」o「r漢字+ひらがなの2文字」)に着目し、
  「漢字3文字だから心理的」だよねと納得していく。
(6)1行覚えたら確実と思えるまで口で復唱する。

このように文章で書くと、長たらしく面倒に見えますが
実際に1行覚える時間は、1行目であれば
1~2分で終わるでしょう。

手順を端折らないことが大切です。

よかったらやってみてください。

<お知らせ>

イメージ記憶法を初心者が習得できる講座は
3月30~31日、飯田橋で開催です。
 ↓
http://bit.ly/2hBL8Fi



logo1

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)