正しい言葉、届く言葉

クリスマスの朝8時過ぎ、
息子が起きてない。

小学校は休みだけれど、
両親は仕事があるので平日は
放課後倶楽部に週末まで行ってもらう。

8時半には送り出したい。

「起きて、遅れるよ」
「朝ごはん食べる時間なくなるよ」
「8時半まであと20分だよ」

起こそうと声がけするが、
ふだんは比較的寝起きがいい息子が、
なぜか今日は起きてこない。

少々困りかけたとき
枕の横に昨晩、サンタクロースが置いていった
クリスマスプレゼントがあるのが目についた。

そこで、
言い方を変えた見た。

「サンタさん来たみたいだよ!」

すると、いままで微動だにしなかった息子が急に、
まるでサイボーグの電源スイッチが入ったように
一瞬でパッと目を開けて起きた。

・・・

当たり前の話だけれど、
正しい意見はいつでも正しい。

でも正しいことをいくら言っても、
伝わらないことはよくある。

正しさを主張をして
おしまいにすることほど簡単なことはない。

そして、
自分の正しさをただ主張するだけで、
他の人を動かそうとすることほど
ムズカシイことはない。

正しいことを主張することが目的なのか?

それとも相手を動かすことが目的なのか?

自分が定めた目的にあった、
コミュニケーションの取り方に
使い分けないといけない。

それは自分の責任。

正しい言葉ほど、相手を動かそうとするには
間違っているということはよくある。

早く起きて欲しいなら、
「早く起きろ」と言うよりも、
「サンタクロース来たみたいだよ」
がいい。

自分の想いを実現したいなら、
正しい言葉より、心に届く言葉を探そう。

<お知らせ>

心に届く言葉をかけるには、
相手をよく理解することから。

理解を深める聴き方、傾聴は、
傾聴1日講座でお伝えしています。
1月9日(水)東京
1月18日(金)東京
1月23日(水)大阪
1月26日(土)東京
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo




logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)