失敗利得から脱却する

受験シーズン、カウンセラー試験シーズンが近づいてきました。

いかに勉強に集中するかが
重要になってきている方もいるでしょう。

そういう人が知っておいた方がよいのは脳の仕組みです。

人間の集中力は90分から120分で切れます。

いくらそれ以上集中したいと願っても、
普通の人にはなかなかできないのです。

無理なことに挑戦し、エネルギーを使い、
悩むことほど無駄で非効率な事はありません。

(そこを極めること自体が目的なら構いませんが・・・)

「いかにして、ずっと集中力を維持するか?」

と言う、非現実的な課題そのものを放棄して、

「集中力が途切れることがあるので、いかに集中できない時間を最短ですませて、集中状態に早く戻れるようにするか?」

に課題を変えるとうまくいくでしょう。

すると、脳の仕組みに従って、

・60分から90分で必ず休憩を取る。
・学習時間と学種範囲をこまかく区切って覚え始める
・同じ勉強を続けてやっていると脳が来てくるので、違う勉強と交互にする。
・覚えてあと1時間位したら、口で覚えているはずの内容をアウトプットしてみて、脳に定着しているか確認してみる。
・翌朝も目覚めたら同様に、アウトプットしてみる。
・1週間後もアウトプットしてみる

ずっと集中を維持しようなどという
非現実的な課題をしてて、
脳の原則に沿った使い方をすれば、

結果的にずっと集中ができなくても、
最も効率的に学習がはかどるという、
最良の結果を手に入れることができます。

この方法をあなたが採用するかどうかは別として、
どんなに高い理想を持っても結局、
脳の原則に背くとうまくいかないのです。

人生がうまくいかない人は、人間の自然の原則に沿って
冷静に考えればできるはずがないことを
自分にこうあるべきと期待をし、

そこに非効率に無駄なエネルギーを浪費し、
疲弊しながら自分はだめな人間だと

なんとももったいない状態です。

自分をスーパーマンたらしめんと試みて、
それが叶わず落ち込んでいるというわけです。

人生と言うのは脳と心の原則を理解し、
それに沿って自分を使っていけば、
別にスーパーマンなんかになくても
結構いいところまで何事もできるようになります。

理屈や「~すべき」思考よりも
脳と心の自然の姿を優先してやる。

あえてそれをしないというならば、
表向きの意識では成功しようとしているように思わせて、
潜在意識の奥底では、

「うまくいくはずがない方法を選択することで失敗しよう」

という「目的」に向かって
自分を動かしていることになります。

その人の心の奥底にはきっと、
疾病利得ならぬ「失敗利得」があるはずです。
(失敗利得:失敗することで得られる利益)

自分をよりよく生かすには、
自分の常識のフィルターを通して作られた
高い目標を立てるよりも、

脳と心の原則に沿った脳的に現実的な
目標とやり方でなにをするか行動を決定する。

それだけで今よりずっとうまくいくはずです。

勉強法、仕事の進め方、人間関係・・・。

今あなたがこうありたい、こうあるべきだと考えている事は、
脳と心の原則に照らしてみて果たして現実的そうでしょうか?

<お知らせ>

脳と心の原則そのものがよくわからない場合は、
1月5~6日に開催される
初心者のための記憶術講座にお越しください。

単に2日で300個の単語を覚えられるようになるだけでなく、
人生のあらゆる課題に対する
脳と心の使い方を習得できる講座です。

もちろん記憶力だけ上げたいかたも歓迎です。
(残席2名)
 ↓
http://bit.ly/2hBL8Fi




logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)