新・傾聴の大事なスキル「お伺い」

ただ、相手の言葉をくり返すだけでは、いい聴き方にはなりません。

・・・

「オウム返し、しましょう」

コミュニケーションスキルの定着です。

オウム返しという手法はどこから来たかというと、
ロジャーズの来談者中心療法の中に出てくる
「感情の反射」からです。

ロジャーズの著書の中に、このような記述があります。

「うまくいったカウンセリングを分析すると、全体の8割が感情の反射だった」

と。

でも、ロジャーズが言ったのは、
「感情の反射」
です。

ロジャーズの文献の日本語訳の中にも
感情の反射とそのまま訳されている
モノが多数あります。

しかし、感情の反射という表現は一般的でなく、
専門家ではない人に伝えるにあたり、
わかりにくいと、誰かが思ったのでしょう。

そこで、感情の反射は
「くり返し」
「オウム返し」

とも表現されるようになりました。

狙い通り、その方が普通の人に
はわかりやすくなったね。

半面、今度は字面に引っ張られて、
言わんとする意味がちゃんと伝わらなくなりました。

「とりあえず、くり返してればいいんでしょう」

となってしまったのです。

感情の反射の目的をロジャーズの著書から
引用して表現するならば、

「クライアントの態度と感情に対する理解を、伝えようとするもの」

ということになります。

ところが、

・オウム返し
 →何でもかんでもそのまま繰り返す。

・くり返し
 →くり返すことが「目的」のようになってしまう

という弊害が起こりました。

そこで、この誤解を解くべく、
心ある心理学者の先生方が少し前から
よく使うようになった別の表現があります。

「伝え返し」

です。

伝え返しは

「カウンセラーが受け止めた感情や感覚(フェルトセンス)を、クライエントにそのような感覚で近いかどうか確認をとる」

ことで、
本来の感情の反射と意味が近くなります。

でも、その分、素人にはまた
よくわからなくなってしまいました。

私もしばらく、
伝え返しという表現を多用してきました。

でも、それはそれで、
少し複雑になるのは確かです。

そうこうしているうちに、最近
もう少ししっくりくる言葉を見つけました。

「お伺い」

を立てる、です。

・・・

「いま・・・あなたの話を聴いていたら・・・あなたにとっては・・・こうなのではないかと感じたのですが・・・いかがでしょうか?」

「いま・・・あなたは・・・頑張ってみるとおっしゃいました・・・、でも、今まで話をうかがってきた中で・・・あなたはもうすでに精いっぱいを超えるほど頑張ってきたように、私は感じているのです・・・。そのあなたが・・・また更に頑張るというのは・・・どうも、あまりにもしんどい・・・そんな気もするのですが・・・、ご自身としては・・・いかがでしょうか?」

「あなたが・・・そのようなことでお困りなら・・・・、ふと思いついたのは、あなたが安心できるために・・・・●●という方法があるのではないか・・・。・・・そう思ったのです。そのこのような方法をやってみましょうと、もし言われたら・・・どう思われますか?」

相手が使った言葉そのものをくり返すというよりは、
会話の中から感じた相手の感情を、
それが近いかどうか?
私の感じ方がどれくらいしっくりくるか
「お伺い」を立ててみる。

方策もただ一方的に「提案するのではなくて、
素材としてどう思うか「お伺い」を立てる。

「●●なんですね」と決めつけるのではなく、
あなたにとっては、私の受け止めた感覚が
しっくりくるかどうか「お伺い」を立てる。

そうすることで、
押し付け、決めつけ、誘導、
突拍子もない提案んではなくなります。

もう一度言います。

とにかく、こちらの感じたことを、
クライエントがどのように
「受けとめられそうか?」

だけでなく

「受けとめられなさそうか?」
を確認し、共有巣ながら進めます。

そうすれば、理解を深めながら、
道を誤らず、なんとなく良い返事を強要することもなく、
カウンセリングは二人の時間の中で進むでしょう。

くり返しでもなく、提案でもなく、

「お伺い」

上手に相談に乗りたい方は、
ぜひ、お試しください。

<お知らせ>

ビジネスでもカウンセリングでも使える
問題解決のプロセスとスキルを具体的に学ぶ

傾聴心理養成講座®

が来春からスタートします。

年明け1月下旬から、説明会を開催う予定です。

ご興味ある方は、以下のURLから、
お知らせ専用メルマガにご登録ください。

順次最新情報をお届けします。
 ↓
http://bit.ly/2ONbvIm




logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)