なんとなくが正解


もしかしたら、「なんとなく」という感覚こそ、人が持つ最も正確な感情なのかもしれない。

朝7時、トイレの前を通った瞬間、
子ども部屋から出てきた7歳の息子と
はちあわせした。

目の前にあるトイレの扉に入ろうとしたので
「どうぞ」とゆずった。

しかし息子は、そこで一言
「やっぱりいいや」

といって、引き返していってしまった。

「そんなことはあり得るか???」

私の頭は混乱した。

なぜ息子はトイレに向かったのだろう?

きっとそれは、用を足したくなったから。

でもトイレの目の前で引き返してしまった。

足したくなった用はどこに行ってしまったのだろうか?
(一瞬で蒸発したか???(笑))

はた目には、まったく理由がわからないし、
本人もたぶんわからない。

「なんとなく」行きたいと思ったから向かい、
「なんとなく」行きたくないと思ったから引き返した。

・・・

人生には、いちいち理由はない。

まず「なんとなく」が先にあって、
理由は、あとから考えてつけているだけ。
(=合理化)

理由はなくても、欲求は生まれる。

だから、いく理由を分かっても
その人の全体はわからない。

人は99%以上は、理由以外で
出来上がっている。

だから、なんとなくは、
なんとなくのまま、
そのまま受け取るのがいい。

そう理解することが、
相手を全体で理解することで、
人の気持ちをわかるということ。

・・・

考えてみると、私の人生のほとんど全部が
明確な科学的理由などなく、
なんとなくで成り立ってきたような気がする。

あなたの人生はどうでしょうか?

これをお読みいただいているあなたの人生は、
明確な理由で出来上がっていますか?

人生のほとんどは、
「それを気にしてもいいし、気にしなくてもいい。」
でもなんとなく気になるからやった。

と、いう具合に「なんとなく」で
出来上がっていないでしょうか。

ならば、

「なんとなく」は「なんとなく」
と理解することこそ
その人を本当に理解することです。

「なんとなく」が正解。

そういうことはたくさんあります。

<お知らせ>

明確な気持ちは明確に、
なんとなくはなんとなくで、
そのまま相手を理解できる聴き方は、
13年間、毎月開催している
傾聴1日講座で学ぶことができます。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo




logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)