「心を真っ白にして聴く」はウソ

「頭の中を真っ白にして聴く」あるいは「心を真っ白にしていく」、という表現をよく耳にします。

ある講座ではこんなことを耳にしましました。

「傾聴の『聴』の字は耳辺に14の心と書くので、14の心で聴きましょう。」と。

傾聴を習い始めたばかりだった私は先生に14の心とはどういうことなのかと真剣に質問したら、いやな顔をされて何も答えてくれませんでした。

正直にいいます。

私は人の話を聴きながら頭の中も心も真っ白になったことがありません。

それは単に私が聴くのが上手でないというだけのことではないはずです。

傾聴では共感が大事だといいます(共感についてはあとで触れます)。

共感とは感じることです。

頭や心が真っ白になったら一体どこで共感するのでしょうか?

いつも何かが私の中で動いているのを感じながら聴いています。

※原文からの抜粋なので、書籍とは内容が異なります。

t02200321_0237034613318008549

「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッ…/自由国民社

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座 

著書「聴く力の強化書」 /自由国民社
聴き手育成プログラム(企業向け)
メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」