客観的はあたたかい

いつも客観的でいることは大事にしている。

「客観的」は、冷たいという人がいる。

大きない誤解。

客観的は、とてもとてもあたたかい。

客観的とは・・・、

「あなたは、あなたのままでいい」

と認めること。

そしてそれは

「私は私のままでいい」

につながる。

もし、客観的がいけないと言うなら、

「あなたは、あなたのままではいけない」


「私は、私のままでいけない」

という、他者否定、自己否定にそのままつながる。

相手の意見に賛成、同調しなければ、愛を伝えることができないなら、それは本当にフェアでいい人間関係なのだろうか?

自分とは違うことを認める。

自分も人とは違うことを自分に許す。

それが出来てはじめて、本当にお互いを尊重できる関係ではないだろうか?

「めっちゃ心あたたかい他人ごと」

それが「客観的」。

もし相手の姿勢が冷たいと感じるなら、原因は2つしかない。

一つは、それは相手が客観的だからではなく「否定的」「防衛的」にあなたを見ているから。

それを客観的のせいにしてはいけない。

もう一つは、あなた自身が賛成、同調してもらえないと困る・・・。

つまり、相手が自己犠牲をして無理にでもあわせてくれないと、満足できないほど低い自己肯定感の状態にあるから。

他人は自分と違っていいことを認められていない人は、本当は心あたたかない客観的な態度さえ冷たく感じる。

あたたかいふりをして見せるのが、親切ではない。

本当の意味であたたかい気持ちでそばにいたいなら、客観的であることがどうしても必要。

そのことを伝えるために、客観的な態度が認められないあなたさえも受容し共感をする。

それをつづけることで、人は、自分と違うのだと分かり、人は自分と違くていいとわかる。

そして、自分も人と違くてもいいと悟る。

客観的でないと、人と関わるのたびに苦労が多くなる。

こんな私の意見さえ受け入れても、受け入れなくてもそれはあなたの自由。

あなたが私を受け入れても、受け入れなくても。

賛成しても、賛成しなくても、あなたはあなたのままでいい。

私も、私のままでいい。

心あたたかいのが客観的。

とても大切なことです。

<お知らせ>

傾聴1日講座10月11日は満員御礼です。
10月20日の大阪にお越しください。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo




logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)