話を聞き過ぎたら感情的に巻き込まれないか?

話を聞き過ぎたら感情的に巻き込まれないか?

「話を聞き過ぎたら感情的に巻き込まれませんかか?」

「相手から『もらわない』ですか?」

と訊かれることがよくあります。

お答えすると、

「最近はあまりない」

です。

感情的に巻き込まれたり、

相手の感情をもらってしまうことを

「感情の癒着」

と表現したりします。

自分の中に触れられると痛い話題があるとき、

相手の話を聴きながら、

こちらの心が反応してしまい(固まってしまい)

しんどくなる状態のことです。

たとえば、

・自分の母親と仲が悪いカウンセラーが、母子の問題のカウンセリングをすると、どうしても母親の態度に感情的になり、子供寄りの発言が増える。

・小さな子供を持つ母親カウンセラーが、ニュースで子供が巻き込まれてしまった事故のニュースを見るのが大変心苦しくなり、一緒に泣いてしまう。

・父親から「~すべき」と厳しく育てられた人がカウンセラーになろうとしても、会場を受け止めるより先につい「~すべき」とアドバイスをしたくなってしまいとめられない。

支援をする人にとって、

耳にした話に触発されて動いて(固まって)しまう、

心のフィルターは何なのか?

日頃からよく確認しておくことはとても大切です。

私の場合、

カウンセラーになってから数年間は

親子関係の話をちゃんと聴くのが苦手でした。

自分の中で消化しきれていない親子関係があったからです。

いま2人の子供ができてからは、

小さな子供が苦労をしている話はとても心が痛みます。

自分が抱えてきた親子関係の問題の穴埋めをしたいとか、

子供たちの笑顔を守りたとか。

これらはどちらとも、

カウンセラーをするうえでのエネルギーとなりますが、

そのとき気をつけなければいけないことがあります。

それは自分のフィルターに触れるような話題が来たときに、

聴き手自身が「感情的」になってしまったら、

癒着し、もう支援はできません。

聴き手自身が感じたことは否定せず、

感情的に聴くのではなく、

感情を誠実に聴いてやりとりをする

これが傾聴(カウンセリング)の練習です。

だから、

自分の心をちゃんと受け止められないと、

人の話はちゃんと聴けないんですね。

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座
著書「聴く力の強化書」 /自由国民社
聴き手育成プログラム(企業向け)
メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」