気付くと無駄づかいが減る

時間調整中だったので、
ふと目の前にあった量販店に入ってみた。

ぶらぶら店内をウィンドショッピングしていると、
旅行かばん売り場にある
キャリーバッグが目に留まった。

サイズといい、価格といい。

なかなか使い勝手がよさそうなものだった。

気に入る(なる)とすぐ調べたくなる性分。

いまここで買うわけではないので、
とりあえず写真だけ撮って、
その場をあとにした。

用事をすませて帰りしな、
電車の中で先ほど写真にとっておいた
キャリーバッグの写真を見ながら
Amazonで検索してみた。

すると一発で出てきた。
(Amazonすごい!)

Amazonの方が少し安い。

買うか検討し始めようとしたその瞬間、
ある問題に気がついた。

出てきたAmazonの商品画面に、
ある文字が書かれていた。

そこに書いてあった文字とは

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

「あなたはこの商品を、2017/10/30に購入しました」

私が今買おうかと思ったその素敵なキャリーバッグは、
1年前にすでに自分が買ってまさにいま使ってる
キャリーバッグのそものだった(汗)。

・・・

考えるのは大事、気づきも大事。

でも人間が自分で気付ける
顕在意識は5%くらいしかないと
心理学者のフロイトは言った。

でもこの科学的根拠なく、
感覚的に語られた5%という数字は、
最新の科学ではほぼ間違いだと
わかっているらしい。

顕在維意識は1%に到底及ばない
0.00…1%というのが最近の
科学の常識だと聞いて驚いたことがある。

人が自分で意識できる範囲は
1%よりはるかに小さいというのです。

頭で考えても、気づきや発見があっても
しょせんそれは1%未満の狭すぎる
顕在意識の中の世界の話。

人は意識化できない
残りの99.99…%の潜在意識(無意識)に
支配されて生きている。

自分が思いついた、
発見した、
気付いたと勝手に思っていることも、
潜在意識にとっては、すでに分かりきっていること。

当たり前のことを引っ張り出して
繋ぎ合わせているだけなのかもしれない。

私はいいキャリーバッグを発見したと思った。

でもの嗜好(思考)傾向は、
潜在意識に支配されていて決まっているから、
また同じものが目に留まってしまったのでしょう。

と、なると、よく言われる
「答えは自分の中にある」という話は
決して神話ではなく当然の事実ということにる。

自分の家にある宝を、わざわざわ
他人に探しに来てもらう必要はないのでしょう。

事実、私が買おうとしたキャリーバッグは、
確かに私の部屋にうり二つのものがありました(汗)

答えは確かに自分の中にある。

人生は全て相似形、フラクタル。

灯台下暗し。

私は答えを知っている。

でも、答えを知っていても、
それを思い通りに使いこなせるかどうかは別。

そこをうまくつなぎ合わせいてく役割が
カウンセリングということなのでしょうね。

「答えを外から与えよう」なんてことは、
人間の本質を無視した、大それた勘違いなのかもしれない。

自分に気付くと、無駄づかいをしなくてすむし!(笑)

答えなどない外の世界に答えを探しに行って、
人生の無駄づかいをしないよう気をつけたいものです。

<お知らせ>

自分に気づき、相手に気づく聴き方
傾聴を継続して学びたい方には、
9月15日から始まる傾聴サポーター養成
3Day’sがおすすめです。
資格の取得が出来ます。
 ↓
http://bit.ly/2qJDa6f




logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)