共通の話題を持つ&ほめ方

最近Facebookをやっていると友達の友達に意外な共通の知人がいたりして驚きます。

知人が知人だと分かるだけで妙に親近感がわきます。

共通の話題を持っていることは相手を受け入れる要素になります。

もう一つの仲良くなる方法は相手をほめるてあげる事です。

誰でもけなされるのは嫌で、ほめられたらうれしいものです。

ただしほめる時には注意が必要です。

相手がほめられるに値しないと思っていることをほめすぎると白けてしまいます。

自分ではまったく気にもしていないファッションや仕事の実績でも、それについて少しでも気にかけてもらいほめてもらえたらうれしいものです。

でも全然長所と思っていなかったり、むしろ全然ダメだと思っていることについてしつこく褒められるとかえって嫌な気分になります。

ほめすぎの状態をオーバーカウントと言います。

※原文からの抜粋なので、書籍とは内容が異なります。

t02200321_0237034613318008549

「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッ…/自由国民社

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座 

著書「聴く力の強化書」 /自由国民社
聴き手育成プログラム(企業向け)
メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」