麦とろはどこへ行った?

夏休み、息子が遅めに起きてきた。

朝食を食べたいというので、たまには
夏休みスペシャル!

自宅近くの牛丼屋にモーニングを
食べに行くことにした。

店に入ると大きく
季節限定商品のポスターが貼られている。

「麦とろ牛皿御膳」

その垂れ幕を見て、
最近、だいぶ文字が読めるようになった
息子が大きな声で読んだ。

「オ・オ・ト・ロ!」

・・・育ちがいい息子にとって
「とろ」といえば「大トロ」しか知らない。(笑)

父(私)は、
「これは麦トロなんだよ・・・」
と、なだめるように訂正した。

・・・

最近この牛丼屋では、なぜか
ソフトドリンクバーを始めた。

息子にそれを注文してやると、息子が、
ドリンクサーバーのカルピスのところを指さしてこういった。

「カルピスは発酵食品なんだよぉ!」

えらいムズカシイ言葉を知っているなと
感心して質問してみた。

父「どこでカルピスが発酵食品だと知ったの???」

息子「テレビでいってた!」

父「(・・・などほど)。ところで、発酵食品て何?」

息子「しらなぁ~い」

父「(だろうね(汗))。発酵食品は、おなかを元気にしてくれる小さい生き物がたくさん入っていて体にいいってことだよ。」

息子「そうなんだぁ。」

・・・

息子の言動から3つの傾聴の学びを得ることができる。

【学び1】
いくら「トロ」という言葉を知っていても、自分の狭い知識と準拠枠で分析して前後を当てようとしてもハズレる。

【学び2】
内容は分からなくても、印象的な相手が使った言葉をそのまま繰り返すと、とりあえず意味は相手にちゃんと伝わる。

【学び3】
相手が使った言葉をそのまま繰り返すことで、お互いに「理解できていること」と「理解できていないこと」が明らかになり、そこからコミュニケーションによる相互理解が生まれる

言葉には意味がある、
言葉には心が表れている。

自分の準拠枠で解釈した言葉でやり取りするより、
相手が使った使った言葉を、とりあえずそのまま
繰り返してみる方が、圧倒的に本当のことがよくわかる。

<お知らせ>

自分のことを分かりながら、
相手のことも分かっていく聴き方。

認定資格も取得できる傾聴サポーター養成講座は、
12月まで毎月開催中です。
 ↓
http://bit.ly/2qJDa6f




logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)

Twitter

傾聴のねっこ
PAGE TOP