人のふりを見てすること

出先のビルにいたときのこと。

トイレを拝借しに入ったら、
窓ガラスに見たことない虫がついていた。

2センチ位の大きさで、
イモムシくらいの太さをしている。

黒とオレンジ色のシマシマ模様の生き物。

そこにトンボのような羽が生えている。

虫には申し訳ないが正直、
ちょっと気持ちが悪い。

その生き物を見たとき、ふと思った。

「この生き物は、いまどんな気持ちで生きているのだろうか?」

と。

想像してしまった。

もし自分がこの風貌に生まれてきたとしたら、
人生(虫生?)に満足しているのだろうか?

でも、仮に満足していないとしても
それはそもそもこの虫のせいではない。

もしかしたら私自身も、この虫と同じ種類の虫として
この世に生を受けていたかもしれないのだから。

たまたま私が人間の形をしていて、
たまたま向こうが虫の形をしている。

その状態にどれほど満足しているかなど、
お互いには知るよしもない。

それに、もしかしたら向こうの虫の方が
私よりもっと人生に満足しているかもしれない。

そんなことは、わからない。

虫が不幸で人間が幸せとは限らない。

虫の方が私を見てこんな風に思っているかも知れない。

「そんな姿になって、かわいそうに・・・」

・・・

結局のことろ、相手が虫だろうが人間だろうか、
相手のことはいくら考えてもわかりません。

それが答えに違いないのです。

相手の気持ちをいくら察しようとしても、
本人に聞いてみなければわからないし、
聞いてみても本人さえわからないことも。

人の気持ちがわかると思っている人が
いるとしたらそれは大きな勘違い。

いいとか悪いの問題ではなくて、
人の気持ちなど正確にわかるはずがないのです。

ならば、

自分のことだけで精一杯やればいい。

自分の人生にだけ、より満足していけばそれでいい。

周りに虫がいようと、
自分より優れた能力の人がいようと
そんなことは関係ない。

私は人に何かをするということも含めて
常に私に満足することだけ
考えていけばそれで良い。

「人の振りを見て、わがふり直せ」

ではなくて、

「人の振り見て、わが道を行け!」

こちらが相手の気持ちなど
正確にわからないのと同様に、
相手もこちらの気持ちなど
正確にわかってくれない。

誰かにわかってもらえないと
前に進めないと思っているなら、
それは勘違い。

誰にわかってもらえなくても、
自分さえ自分のことをわかっていれば
前に進むことはいつでもできる。

人のふりも見ながら、わが道を行こう!

<お知らせ>

自分のふりを見ながら、
他人の話を理解する方法は、
傾聴1日講座®でお伝えしています。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo




logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)