頑張りは許しを誘う

毎日BLOG書いています。

ネタを探すのも苦労だし、
書いてアップするのに毎日1時間以上かかる。

昔はよく自分が一生懸命書いていると思っていた。

でも、いまは少し違う。

自分は、BLOGを書くことを許されていると思う。

もともと週1回しか書いていなかった。
(そしてそれもとぎれとぎれだった)

そんな私がBLOGを毎日書くと決めた時、
決断したことがあった。

それは「不完全でも続ける」。

とにかく、毎日書くというのは大変(そう)。

毎日、あまりにもきっちりやろうとすれば
あっという間に挫折する「自信」があった。

それがわかっているから、
不完全な状態でも「続ける」ことを目標にした。

朝BLOGは書いている。

でも朝は、子供の朝食づくりなどもありそれなりに忙しい。

もともと大雑把なところがある性格だけれど
大雑把も輪をかけて、十分見直す時間も取れない(とらない)

だから、誤字脱字が増えてしまう。

「人に見せるものなのにけしからん!」
「言葉を扱う仕事のクセに、けしからん!」

とわざわざ言って来る人もいるけれど、
もともとさほど才能もない自分が
「続ける」と目標を決めたのだから
出来ないことはやらない。

自分を苦しめることはしないということで、
そういう批判は、あえて気にせず
受け流させてもらうことにしている。

そもそもBLOGやメルマガは無料なので
嫌なら読まなければいいだけ(解除も簡単にできますし)。

意見をいただくことはありがたくても、
怒られる筋合いはないとも思う。

それはさておき・・・。

とにかく、自分のために書き、
自分が頑張って書いていると思っていた。

ところが最近、講座に来てくれた人に
来ようと思った動機を聞くと
「BLOGを前から見ていて、来たいと思っていました」
と言っていただけることが多々あります。

そして、そういう方の多くが
私の誤字脱字に気付いていると共に、
誤字脱字探しを「楽しんでいる」という
言葉をいただくこともしばしばあるのです。

人によっては、たまたま誤字脱字がないと
何か物足りなく感じたという人もいたり(笑)。

その言葉を聞いたとき
誤字脱字の多さを少し恥ずかしく思うと同時に
私の至らない点まで楽しみに変えて読んでくれるなんて・・・。

私はそういう人たちに許されているからこそ、
書き続けられているんだと思うようになったのです。

別に、わざと誤字脱字を増やそうとは思いません。

自然の流れの中で出てきたものだから、
イヤミなく読んでもらえるのでしょう。

「自分が頑張っている」

確かにそれは一面的にはあります。

でも、自分が頑張ってやっていると同時に
その頑張りが生まれる成功も失敗も、
自分の知らないところで許してくれている人も
同時に増えているような気が、今はします。

いかがでしょうか?

これをお読みいただいているあなたは、
自分がよく頑張っていると思うことはありますか???

でも、その裏でもしかしてその頑張りを
許してくれている人はいないでしょうか?

頑張れば頑張るほど、誰かに支えられている気がする・・・

そんな気がする今日この頃であります。

<お知らせ>

自分の至らなさを許せる人ほど、
他人のことも許して話を聴けるようになります。

そんな聴き方に興味がある方は、
傾聴1日講座にお越しください。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo




logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)