大と小のあいだ


「生中3つ!」

私はお酒が弱いので、飲んでもグラス小しか頼めませんが、
ビールがおいしい季節になってきました

・・・

先日、6歳の息子が通う創作教室に行ったときのこと。

そこは絵を描くだけでなく、材料を用意してくれていて
いろいろ子度に二重なものづくりもさせてくれます。

その日用意されていた材料はガチャガチャ用のカプセル。

それを使って、創造力を働かせて何かを創るわけです。

息子はどうやら、ガチャガチャで出てくる
おみくじを創ろうと選択した模様。

先生「大吉ってわかる?」

息子「うん、知ってるよ。一番いいやつでしょ。」

息子「ねえ、一番悪いのはなんていうの?」

先生「末吉っていうんだよ」

息子「ふーん」

先生「じゃあ、中くらいはなんていうか知ってる?」
※正解「中吉」

・・・

息子

「まあまあ」

(爆笑)

みなさんは

引いたおみくじに「まあまあ」と
書いてあったらどう思いますか???

言われたことはハズレではないけれど、
事実(本心)ともちょっと違って苦笑い・・・。

そんな経験はないでしょうか?

ビールを頼むとき、生中というかわりに、
「生まあまあください!」とは言いませんね(笑)。

笑って許せる範囲ならいいですけれど、

そういう微妙なすれ違いが普段から多いと、

相手に話をする気もうせてしまいそうですね。

・・・

おみくじガチャガチャは現在、
木工用ボンドが乾くのを待ち中。

さて、完成したら「まあまあ」が出てくるのを
楽しみに引いてみますか(笑)。

<お知らせ>
言葉に込められた意味を
ちゃんと聴きとりたい人のための傾聴1日講座。
週末、名古屋開催です。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo




logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

■傾聴の参考になる動画
心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
→ 諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)