泣きたい気持ちも否定しない

日中大雨が降ったあと、夕方、
玄関わきにある書斎で仕事をしていた。

玄関のカギを回す音がする。

小学1年生になった息子が、
学童から帰ってきたようだ。

「たまに家にいるのだから迎えに出よう」
と思った。

朝からずっと自宅仕事のため、
疲れ顔を一回、鏡に向かって笑顔に変えて、
玄関に迎えに出た。

玄関を開けると息子は

 ・
 ・
 ・

泣いていた。

(ひとりで帰ってきたはずなのに、泣いているのはなぜだろう???)

反射的にイジメにでもあったのかと思った。

とりあえず「どうした?」と訊いてみた。
すると、

・息子「折れちゃったぁ~(泣)」

体の部位で「折れる」と表現出来る場所は
指、手・足、そして鼻くらいだろう。

すべての部位をさっと見渡したけれど、
そこは折れてはいないようだった。

つぎの瞬間、息子が差し出して物を見て、
折れたものがわかった。

お気に入りの「傘」。

嗚咽する息子に、どうして折れたのか訊いて見た。

まだまだうまく説明できない年ごろだけれど、
何度か聞きなおしているうちに、
持ち歩いていたら、自然に折れたと分かった。

折れた個所を見たら、金属疲労しているようだった。
息子のいうことは、間違いなさそうだ。

まだ靴も脱がずに玄関に立ちつくし、
ひきつづき嗚咽する息子を、軽く抱きしめてこう言った。

・私「大好きだったの?」

・息子「(うん)」

・「お気に入りだったから、壊れちゃったらイヤだねぇ」

そして息子はうなづいて、こういった。

・息子「捨てなぁい!とっておくぅうぅ~・・・」

一瞬、頭の中に住み着いている「常識的な自分」が、
「新しいの買ってあげるから、捨てようね」
と、言えと指図してきた。

でも、その言葉は軽く無視してこういった。

・私「いいよ、とっておこう。でもまたすぐ雨降る予報だから、新しいのも買いに行こう」

・息子「(うん)同じのがイイぃぃ~・・・(泣)」

・私「そうだね。同じのがイイね。どこで買ったっけ?」

・息子「前過ぎて、わからないぃぃ~・・・(泣)」

私も思い出そうとしたけれど、もう1年以上前のこと。

心当たりはあっても、正確に思いだせない。

・私「うーん。お父さんも思い出せないや。とりあえず同じのか格好いいの探してみよう」

・息子「(うん)。うえ(リビング)に行くぅぅ~」

少し泣きやんだ息子は、折れた傘も持たずに、
2階のリビングに上がっていった。

翌日から出張のため、私は傘を探しに店に行くことはできない。

多分、あの店だっただろうと、心当たりの店も絞り込んだけれど、
おそらく同じ傘はもう手に入らないだろう。

でもそれは心配していない。

泣き切った息子は、きっと別の傘でも
満足するに違いない、と妙な確信を持っている。

この確信はどこから来るか?

・・・

私は泣く息子を一切否定しなかった

「泣くじゃありません!」

「男の子だからそれくらいで泣くな!」

とは言わず、泣きたい気持ちに、
修正をかけようとせずそのまま受け入れた。

「泣きたければ、どうぞ」

勉強をたくさんしたやったら
試験の点数がイイだろうと期待するのと同様に、

否定しなかった分だけ
息子もきっと私のすることを否定しないだろうと思った。

実際はどうなるかわからない。
でも傘を買う日まで、そう期待位してもきっと罰は当たらない。

私は、泣きたい気持ちを尊重できた自分にすでに満足している。

鳴いている息子も愛せた自分にも満足している。

もう2つも満足している。

だからもし、息子がこれから傘について
仮に思うようにならなかったとしても、
それはただのおまけ程度の喜びとして受け取れるだろう。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「私は、自分を責めることをしなければ、子どもを責めることもしない」

最近、私が私に納得できるように
息子を愛せている気がしている。

それはきっと、私が私自身を愛せている加減が
安定しているからのような気がする。

<お知らせ>

他人に向けられるよからぬ感情の矛先は、
実は自分に向けられているものと同じだったりします。

人の話を聴くのがつらい人は、
自分の心の声を聴くのがつらくて出来ない人だったりします。

自分に寄り添い、支え、自分が自分のよき理解者になった分だけ、
他の人にも寄り添い、支え、よき理解者になります。

傾聴1日講座5月23日(水)飯田橋
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■傾聴の参考になる動画

心理学的な傾聴の説明をゆっくり学べます
  ↓
諸富祥彦の傾聴のねっこ(動画)

 ※岩松の個人的な趣味です
__________________




logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

Twitter

傾聴のねっこ
PAGE TOP