幸せのキュウリ

いつもありがとうございます。

キュウリは1対1の比率で合わせた、味噌マヨネーズで食べるのが1番好きな、岩松正史です。

大阪の朝、ホテルで

テレビニュースを見ていた。

このままいくと、来月くらいから

夏野菜の価格が2~3割

安くなる見込みらしい。

それを見て思い出した。

ほんの2か月ほど前まで、

近所の安売りスーパーでも

キュウリは1本ほぼ100円だったことを。

それより前は40円前後だった

(見た目は経営者でも中身が主夫です。しばらくこのノリでお付き合いくださいm(__)m)

寒い間に2倍以上にはね上がっていた。

原因は、天候不順のせいらしかった。

・・・

12歳の娘は、比較的キュウリを好んで食べる。

浅漬けにするから買ってきてという。

でも、買ってきたキュウリは

意外と食べ忘れて、干からびてしまったりする。

キュウリに申し訳ない。

もし100円も出して、

食べ忘れられてしまったらかなわない。

価格の高騰にともない、

キュウリを買うのは一時期かなり控えていた。

・・・

ところが、ここ1か月くらいで

急にキュウリが安くなった。

50円くらいで買える。

最近ではまた気兼ねなく

またキュウリを気軽に買っている。

もし見たニュースの通り

このまま2~3割やすくなるなら、

1本30円前後までさがりそう。

暑い夏に、体温を下げるのにも

キュウリはちょどいい。

とてもありがたい。

・・・

私はもう、

「いつまでこの状態が続くだろう?」

「もうずっとこのままなのか・・・」

と、ほんの1か月くらい前まで感じていたはずの

不安の感覚を思い出すことができない。

安いキュウリが標準に戻ってしまった。

・・・

キュウリのニュース見ながら思った

きっと「忘れる」とは

環境の変化に影響されて

「基準が変わる」ことなのだろうと。

「忘れる」というと一般的に

ネガティブな印象がある。

でも、

「いま必要な環境に適応する」

といえば、そう悪いことでもない。

わすれることは、

決して、悪いことじゃない。

過去を忘れられるから、

今日一日を楽しく暮らすことができる。

よかった過去も、覚えてい過ぎると、

今何かを失ったようなさっさくに陥る。

過去はどんどん忘れていけばいい。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「忘れたのではなく、大切なものの基準が変わっただけ」

3か月前は1本買うのも躊躇したキュウリ。

ニュースの通り2~3割安くなるなら

3本買うことができそうだ。

そう思うだけで、うれしくなる。

キュウリ1本のことを思い浮かべるだけで

幸せになれるなんて

なんてリーズナブルなんでしょう(笑)

<お知らせ>

忘れることは幸せに生きるための

脳の正常な機能だけれど、

覚えていたいことさえも忘れてしまい

自分にがっかりしてしまうことがある人には、

6月に初心者のための記憶術講座ががあります(大阪/東京)。
 ↓
http://bit.ly/2hBL8Fi




logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」