ただがいい

いつもありがとうございます。

冷やし中華にはチャーシューよりもハムがいい、岩松正史です。

自宅の書斎で仕事をしていると、

6歳の息子がリビングから

トコトコやってくることがよくあります。

仕事中なので

「今忙しいから、かまえないよ」

と、そっけなく断ることもありますが、

余裕があるときは。

おもちゃ出したり、

話したりして楽しいんでいます。

来た時に、

「どうしたの?」

と、息子に訊くと、

だいたい息子はいつも、

悪びれる様子もなく

「ただ来ただけ」

と答えます。

その

「ただ来ただけ」

を聴くと、ものすごく嬉しくなるのです。

・・・

息子のその言葉を聞くたびに、

日常生活を振り返ってみると、

「理由」とか、

「意味」とか、

一生懸命考えすぎなのかな?

と気づかされます。

理由も原因もなくて

「ただやってみたいだけ」

「ただ何となくやりたくない」

ことって、たしかにありますよね。

もしあなたが誰かから

「ただ、会いたくなって」

「ただ、声を聴きたくなって」

なんて理由なんてなくて、

言われたら嬉しいでしょう。

「ただ」という程度しか、言葉で言い表せない。

そんな気持のほうが、

気持ちのレベルで見たら、

もしかしたらむしろ深くて、

本当の気持ちのような

気がするのでした。

・・・

「ただほど高いものはない」

といいます。

それは、タダで何かもらった後に

なにかよくないオマケがついて来る

という比喩ですが、

「ただほど、レベルが高い気持ちはない」

と思えば、

「ただ」はそのままありがたく

受け取っておくのがよさそうです。

いかがでしょうか?

これをお読みいただいているあなたは

「ただ、何かをしたくなった」

「ただ、なんとなくしたくない」

そんな気持ちになったことはありますか???

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「ただがいい」

私は、そんな正直な息子のことが

ただ、ただ、好きなのであります。

<お知らせ>

そのままの気持ちを

ただよく聴き、受けとめる専門家

傾聴サポーターについて学んだり、

資格を取得したい方は、

4月28日からの大阪、

または

5月3日から東京で講座があります。
 ↓
http://bit.ly/2qJDa6f




logo1

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 岩松正史の記憶法関連

初心者のための記憶術
アクティブ・ダイエット

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」