本で読んだ時も非常にクリアな分かりやすい書き方をされていると感じた

※過去にいただいた傾聴1日講座の感想文からご紹介しています。

?歳 女性

本で読んだ時も非常にクリアな分かりやすい書き方をされていると感じた。講座を受けて改めて理解が深まりました。話を聞いても事柄が強く残り、気持ちが表れる、助詞の部分をよく聞き落としていることがよくわかった。丁寧に聞いていく事が大切だと思った。・・・だけどなかなか記憶が伴わなくて、同じ言葉をくり返す時は散々だった。これからはそういうところも気をつけていきたいと思いました。一番よかったのは、まめに質問するタイミングを聞いて下さったので、疑問に思った時はすぐに質問できたことがよかった。先生お勧めのカールロジャーズ撰集、図書館から借りてきて読もうとしましたが、訳だからとても難しく感じました。

岩松からのコメント:
著書をお読みいただきありがとうございます。「気持ちのワード」はうれしい、たのしい、悲しいなど形容詞だけではありません。一見ロジカルな話に聞こえるビジネス会話の中にも気持ち和表わすワードは端々に現れます。日頃頭の中で事柄をイメージをしながら聞く事になれている耳を、心で感じてわかるようにしつけていくのが傾聴の練習です。本で読んだだけではわからなかったことを、直接ご質問いただきクリアになったなら幸いです。

傾聴1日講座について

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座著書「聴く力の強化書」 /自由国民社聴き手育成プログラム(企業向け)メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」

Twitter

傾聴のねっこ
PAGE TOP