自分を大事にしてはいけない

いつもありがとうございます。

きょうは息子の保育園の卒園遠足。

6年間、弁当をつくり切れた自分に満足している、岩松正史です。

“自分を大事にすることに意味などない”

出張講演の日、

早めに会場がある街についた。

予定の1時間半前に到着。

慣れない街に行くときは

早めについたほうが安心だ。

いつもなら喫茶店を探して、

コーヒーでも飲みながら

パソコン仕事をして、時間をつぶす。

でも、

その日の腹具合は、

コーヒーをまったく

飲みたくない感じだった。

コーヒーだけでなく、

紅茶もジュースも・・・。

あえて飲みたい(飲める?)ものが

あるとすれば、「水」。

そうなると、喫茶店には入りにくい。

水にならコーヒーと同じ

200円まで出していいと思っているが、

そんな店はない。

でも、

パソコン仕事はしたい。

居場所が欲しい。

私は、知らない街で、

居場所を失った。

・・・

いろいろ思案した結果、

「人がたくさん集まる公共の施設なら、ベンチとかあるかも」

と思い付き、

近くにないか調べてみた。

すると、

市役所ではないが、

一般の人が気軽に行けそうな

市民プラザのような大きな施設が

偶然あることが分かった。

一人で座っていられる

「椅子」さえがあればよかった。

期待して施設に向かった。

施設につき目星をつけて、

会議室だけが集まる8階に昇った。

すると、案の定、

エントランスにだれでも自由に使える

空間と椅子があった。

テーブルなどいらない。

ひざの上にパソコンを

置いて仕事をはじめた。

はた目には窮屈そうに

見えたかもしれない。

でも、私はとても満たされて、

幸せだった。

「何も飲み食いしなくてもいられる場所」

がある。

ほかに何もいらなかった。

・・・

理屈で考えて突き進めば、

喫茶店で無理して飲みたくない

飲料を頼むしかなかった。

でも、

「体感」を大事に突き進めば、

いらない物を飲むという

選択肢は存在しない。

・・・

よく「自分を大事にしよう」とかいう。

でも、

・理屈で考えたいのも自分
・体感を大事にしたいのも自分

自分を大事にするというのは、

「どの自分」を大事にするというのだろうか?

何を大事にしていいかよくわからない。

自分を大事にしようとするのはムダ。

それより、私はいいたい。

自分の中にある

「体感を大事しよう」

と。

人は、最終的に

感じたことがすべてなのだから。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「自分の中にある何を大事にするのか?」

体感重視で選択し、

不要なものを胃袋に入れることなく、

気分も体調もいい状態で臨んだ講演会は、

当然、大成功で終わった。

体感を大事にすれば

たいていのことはうまくいく。

<お知らせ>

相手の感じていることをわかこと。

それが「気持ちがわかる」という意味です。

気持ちをわかる聴き方、

傾聴1日講座®は、13年間

毎月いろいろな街で開催されています。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo

 



logo1

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 記憶法

初心者のための記憶術
キャリコン筆記対策講座

■ キャリアコンサルタント/カウンセラー試験関連

キャリコン筆記対策講座
面接試験対策講座

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」