人を動かす言い方

いつもありがとうございます。

自分の衣類は、毎日自分で洗濯している、岩松正史です。

”人を動かくために必要なのは気合より、脳の仕組みに沿ったアプローチに違いない”

毎朝、息子保育園に送り届けている。

起こすのは、簡単だけれど、

冬なのでストーブの前でダラダラ。

はやく朝食を食べさせたい。

促すときの言い方を、研究している。

2つの方法を長きにわたり実験しているけれど、

何度試してみても、

片方の言い方は有効で、

片方は効果的でないことがわかった。

・・・

1つめの言い方は、事実だけ伝える言い方。

「食べる時間なくなるよ」

と、時間がなくなる事実を伝える。

これでは、ほぼ

息子はストーブの前から動かない。

2つめの言い方は、選択させる言い方。

「朝食、食べないで行く?」

息子に行動を選択させる。

これだと圧倒的にすぐ動き出す。

人は、

「自分が決めないといけない(決めてもいい)」

と思うと、動きたくなるようだ。

ポイントは、

・命令はしていないこと
・こちらの気持ちを伝えるわけでもないこと

「(あなたは)~しなさい」

という言い方を

「あなたメッセージ」という。

「(私は)食べてもらえないと、仕事に遅れてしまうので悲しい」

は「私メッセージ」という。

いまの話は、どちらでもない。

相手自身に行動を選択させているだけ。

「選択メッセージ」とでもいいましょうか。

・・・

・あなたメッセージで伝える
・私メッセージで伝える
・事実だけ伝える
・選択するように伝える・・・etc

聴き方も、伝え方も、

自分の思いが伝わるように、

そして、

相手との関係を損ねないように

使い分けられるといいですね。

いかがでしょうか?

これをお読みいただているあなたは、

相手も自分も大切にする伝え方を

ちゃんと選択して使わけできていますか?

すべての場面に通じるかわかりませんが、

よかったら、試してみてください。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「相手に選んでもらえばいい」

これは、親子関係のみならず、

仕事でも使える伝え方です。

子どものの反応は素直なので、

いい実験台になります。

息子に感謝です(笑)

<お知らせ>

聴くことも、伝えることも

気持ちへのアプローチという点では

まったく同じことです。

聴き方を練習しながら、伝え方もうまくなる

傾聴サポーター養成講座は

4月28、29、30日、大阪で開催します。

3月に東京の平日開催もあります。
 ↓
http://bit.ly/2qJDa6f

 



logo1

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 記憶法

初心者のための記憶術
キャリコン筆記対策講座

■ キャリアコンサルタント/カウンセラー試験関連

キャリコン筆記対策講座
面接試験対策講座

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」