心のフィルターの動きに関わってくる「投射」の心理~ 著書「聴く力の強化書」原文より抜粋

ここで心のフィルターの動きに関わってくる「投射」という現象について触れておきたいと思います。

本当は自分が問題を抱えているのに素直に認められず「これは私の問題ではなくて相手(外)の問題だ」としたくなることを投射(投影)といいます。

例えば、子供に大学に行って欲しい親が「私が大学に行ってほしい」とは言わずに「大学に行くのはあなたのためよ」というのは投射です。

息子が引きこもってしまった親が自分の関わり方に問題があるといわず「息子がおかしくなった」というのも投射です。

たとえば傾聴の練習でいうと、うなずきあいづちの練習になかなか慣れずにいるときに「自分の理解と練習が足りない」とは言わず「このやり方はおかしい」という投射もよくあります。

とにかく自分は正しくてそとがおかしい(問題を抱えている)というのが投射です。

あなたもそういうした経験、された経験がありませんか?

投射はなぜ起きるのかというと、誰でも自分の中に問題があるなどと誰も認めたくないわけです。

自分に対して、わがままだ、けがらわしい、足りない、いじきたいない、恥ずかしい、至らないといういうようなイヤな部分、足りない部分があるとついつい自分以外の物に責任をなすりつけた方が楽なので投射したくなるります。

そして投射するときは感情的になっています。

怒る、腹がたつ、ムカつく、いらつくというように周りの状況が自分の思い通りにならないときにこういう感情が起きますね。

※原文からの抜粋なので、書籍とは内容が異なります。

t02200321_0237034613318008549

「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッ…/自由国民社

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座著書「聴く力の強化書」 /自由国民社聴き手育成プログラム(企業向け)メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」