ネガティブな反応こそポジティブ

いつもありがとうございます。

ファミレスで普通のサラダは299円、小エビのサラダは50円高い349円。

メニューの写真とにらめっこしながら、つい小エビの数を数えてしまった、

コストパフォーマンス意識が高い(?)、岩松正史です。

”人はネガティブな要素を排除しても、ポジティブにはならない”

「やってみようと思います」

こういうポジティブっぽい言葉を

私は信じません。

・・・信じないというか、

この発言はむしろネガティブな

感情のあらわれと理解します。

なぜか?

本当にやろうという気持ちになっているなら

「やってみようと思います」

とは言わないからです。

きっと、

「やります!」

と言い切るはず。

「みよう」「思います」は

心の濁りと弱さを表しています。

だから

もしカウンセリングの最中に、

「やってみようと思います」

といわれたら、

そのまま帰すわけにはいきません。

そこからがまさに、

カウンセリングすべき

ポイントになってきます。

「やってみようと思うんですね・・・。そう?本当にやれそう?」

と優しい方で確認をとる。

すると、おそらく反応としては

「ええ・・・。たぶん大丈夫だと・・・思います」

とか

「は・・・い、出来そうなときは・・・」

など、

弱々しい反応が返ってくるはず。

そこをちゃんととらえて、また関わる。

「そう。では、どんな風に進めようと思いますか?(具体的に)教えてください」

と、責める感じにならないよう、

配慮しながら確認をとる。

すると、

あまり具体的なイメージが

できていないことが確認とれるはず。

そうしたら、

「あまり具体的でないようなので、うまくいかないのではないかと心配なのですが」

と、こちらの本心を伝えて、

具体的に本人が本当に出来そうな

行動計画まで落とし込んでいくことが出来ます。

本当に自分で出来そうな方法だと思えれば、

今度は、

「やってみようと思います」

ではなくて、

「やります!」

と気持ちが入った返事が

返ってくるでしょう。

ここではじめて、OK。

安心して返っておらうことができます。

だから、

ネガティブな反応がもらえるということは、

とてもポジティブなことです。

・・・

本当に支援をしたいなら、

ネガティブな反応を

抑え込もうとするのではありません。

むしろネガティブな反応こそ

Welcome!

「私の目の前で、弱々しい反応を見せてくれてありがとう!」

くらいの感謝をもって、

喜んで関わっていきましょう。

【この言葉を自分に言ってみよう!】

「ネガティブな反応を喜ぶ」

ちょっと表現に語弊がありますが

でも大切なことです。

人の心は、言葉の端々によく表れます。

「やります」

「やってみます」

「やってみようと思います」

これらは全部、それを言った人が

抱えている気持ちの質が違います。

この違いがわかるでしょうか?

・・・

あなたは、

今後は、相手の気持ちを大事にして聴きますか?

それとも、

気持ちを大事して、聴いてみようと思いますか?

それとも、

気持ちを大事にして聴けたらいいな、と思いますか?

やっぱり全部、違うでしょ!?(笑)

<お知らせ>

些細な気持ちの違いも、

そのままちゃんと理解する聴き方は

2月1日、3日開催の

大阪傾聴1日講座でお伝えしています。
 ↓
http://bit.ly/2qvtDuo

 



logo1

■ 無料メール講座

傾聴のつぼ入門編
記憶のつぼ入門編

■ 傾聴

傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中
認定傾聴サポーター養成講座 /毎月開催中

■ 記憶法

初心者のための記憶術
キャリコン筆記対策講座

■ キャリアコンサルタント/カウンセラー試験関連

キャリコン筆記対策講座
面接試験対策講座

■ 著書

聴く力の強化書 /3刷 自由国民社

■ メルマガ

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」