傾聴を使ったボランティア活動をしたい

※過去にいただいた傾聴1日講座の感想文からご紹介しています。

40代 男性

傾聴を使ったボランティア活動をしたいと思い今回受講しました。概要を復習し、うなずき、あいづちの練習をしたいと思っています。少し期間はあきますが、実用編も受講する予定です。自分自身の理解のことはこれまで考えたことが全くないので、戸惑いもありましたが、傾聴に必要であることを理解しました。活用したいと思います。

岩松からのコメント:
ここ3、4年、傾聴ボランティアでの活用を目的とした参加者の方が増えています。多くの方がただ「お話し相手」をしにいくことと、傾聴で受けとめて聞くことの違いがわからないのですが、両者はまったく別のことです。もともと話をたくさんしてくださる方を相手に話を聞くだけなら、お話し相手のボランティアで十分です。でもつらい気持ちも受け止めたり沈黙にもつきあいたいなら傾聴のスキルが必要です。聴き方の使いわけが大切ですね。

傾聴1日講座について

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座著書「聴く力の強化書」 /自由国民社聴き手育成プログラム(企業向け)メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」