傾聴力スイッチとは~ 著書「聴く力の強化書」原文より抜粋

傾聴力スイッチを一言でいうなら、聴き手自身が楽になる聴き方です。

聴く人が我慢したり相手に合わせ過ぎていると、聴くことが苦痛になってしまいには相手のことが苦手になります。

そうなるともはや聴くどころではありません。

聴く人が楽になると他人に対して本当の意味で関心が向き、寄りそえるようになります。

当たり前といえば当たり前の話ですが、社会的には自分のためよりも他人のためを優先することが美徳とされています。

その考え方そのものが聴き上手が増えない根本的な原因です。

自分のことをないがしろにしながら他人のことはできません。

自己犠牲的な奉仕は続かないのです。

本当に相手に寄りそいたいのであれば、聴き手自身がまず楽でいられることが絶対条件です。

※原文からの抜粋なので、書籍とは内容が異なります。

t02200321_0237034613318008549

「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッ…/自由国民社

自分の心の声を聴き、人の心を聴く
・ 傾聴1日講座(基礎) /毎月開催中

脳と心を鍛える無料メール講座
・ 傾聴のつぼ入門編
・ 記憶のつぼ入門編

岩松正史のアクティブ・ブレイン関係のセミナー

・ 初心者のための記憶術
・ アクティブ・ダイエット
・ アウトプット読書法
・ 夢実現講座著書「聴く力の強化書」 /自由国民社聴き手育成プログラム(企業向け)

メルマガ「毎日2分!傾聴三昧」